レッツゴー3匹!レツゴー長作と三波春夫とは!経歴と家族やメンバーは!

レッツゴー3匹

レツゴー三匹と言うお笑いトリオのメンバーの1人レッゴー長作さんが、2018年2月1日にお亡くなりなりました。

レッツゴー三匹と言えば思い浮かぶのが三波春夫!わかる人にはわかるのですが、今回、振り返って見たいと思います。また、お亡くなりになったレッツゴー長作さんの経歴や家族そしてレッツゴー三匹のメンバーについて今回は見てきたいと思います。

それでは、参りましょう。

 

レッツゴー3匹のメンバー

レッツゴー3匹を良く知ってるって人は、年配の方が多いと思います。

じゃ知ってるあんたは、年配者だな!ってツッコミは置いといて!レッツゴー3匹は、昭和時代にお茶の間を湧かせたお笑いトリオとして大変良くしられています。

 

まずは、レッツゴー3匹がどんなお笑いトリオだったのかを見て見ましょう。

私が良くテレビで見たレッツゴー3匹の印象は、メンバーが舞台を走り回ったりもして体を張った芸風だったかなーと言う記憶があります。

 

レッツゴー3匹のメンバーは、レッツゴー正児さん・レツゴーじゅんさん・そしてこの度お亡くなりになったレッツゴー長作さん

 

正児さんは、ツッコミでじゅんさんはボケ!長作さんは2人をまとめて突っ込んだりとまとめる役割を果たしていた感じです。

 

レッツゴー3匹の名前の由来は、名古屋にある三匹と言う「焼き鳥屋」の名前からとったそうです。

 

三匹では、インパクトがないという事で、英語の「Let’s Go」とプラスしようという案が上がったそうですが、英語じゃサインをする時に困るだろうということで、カタカナの「レッツゴー」にしたそうです。

レツゴー長作と三波春夫とは!

レッツゴー3匹と言えば、舞台に登場して挨拶を1人ずつします。

 

登場してきてまず行うのが、「じゅんでーす」「長作でーす」と名乗って最後のに正児さんが「三波春夫でございます」と名乗っていたことがレッツゴー3匹の芸風としてとても親しまれていました。

 

なぜ、三波春夫と言う名前が出てきたのかと言うのは、単に思いつきかもしくは、正児さんが好きなだけだろうと思いますが、観客や視聴者は、レッツゴー3匹のメンバーの名前は、じゅんさんと長作さんはすぐに分かるのですが、最後の1人の名前は?ときかれると「三波春夫」という人が多かったそうです。

これは、アンケートでもほとんどの人がそう答えていたようです。

レッツゴー長作さん経歴と家族

レッツゴー3匹のレッツゴー長作さんの経歴や家族について見て行きたいと思います。

 

レッツゴー長作さんの本名は、永原 誠(ながはら まこと)さんと言います。

岡山県のご出身で、旅回りの劇団の両親の間に生まれました。

 

1964年に父親の紹介で、松竹新喜劇団に入門して、1966年にはピックアップトリオやあひる艦隊で活躍していました。

 

そして、正児さんとじゅんさんに誘われる形で、レッツゴー3匹に加入しました。

 

おまり知られていない情報としては、レッツゴー長作さんは、人長作(じんちょうさく)と言う歌手としての顔ももっていました。

 

レッツゴー長作さんの家族ですが、名前は公表されてはいませんが、奥さんと3人の子供さんがいます。

まとめ

今回は、レッツゴー3匹のメンバーの事やどんなお笑いトリオだったのかということから入りレッツゴー3匹と三波春夫の関係からみてきました。

 

そして。2018年2月1日に亡くなられたレツゴー長作さん経歴と家族についても触れて参りました。

 

昭和の時代のお笑い芸にがまた1人いなくなってしまいました。レッツゴー3匹のメンバーはのじゅんさんは既に亡くなっていて、今回は長作さん!

 

残されたのは、正児さん「三波春夫」だけになってしまいました。

正児さんは、先に亡くなったお二人の分まで長生きしてほしいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください