岡田准一の家!遺跡調査で全額費用負担?建築再開はいつ?間取りは

遺跡

2017年の12月23日に入籍をされた、V6の岡田准一と宮﨑あおいさんの新居の建築が、遺跡が見つかった事により一時的に中止となりました。

 

住宅の建築中に、遺跡が見つかる事は、珍しいことではありませんが、調査が、終わるまで建築を再開することは、「文化財保護法」という法律があありますので、勝手に建築再開は、出来ないようです。

 

巷では、遺跡の調査費は建築主が全額負担しなければならいとも言われていますが、果たして本当なのでしょうか!

 

そして、岡田准一の新しい家の建築再開はいつになるのでしょうか。

 

早速見てきたいと思います。

岡田准一さんの新しい家の建築中に見つかった遺跡とは

V6n岡田准一さんが、宮﨑あおいさんと、住むと為に建築されている家は、5億もすると言われています。

そんな豪邸の建築中に、遺跡が見つかって一時建築が中断したと言う話です。

 

そもそも遺跡とは、一体どんなものかと言いますと、昔の人々が、生活していた痕跡!といったほうが分かりいかと思います。

 

今回、岡田准一さんの新しい家の建築中に見つかった遺跡の種類ですが、「人が住んでいたところ、祈り祭ったところ、お寺や神社があったところ」などの跡によって呼び方そのものに違いが入ります。

 

遺跡の調査には、表面上だけを調査する一般調査と、需要な文化財となる可能性が高い遺跡を、学術調査と大きく2つの調査方法があります。

 

どう見ても学術調査の方が時間がかかりそうですね!

 

そして、もし家を建築中に、遺跡が見つかった場合の調査費の負担は、土地の所有主(岡田准一さん)が全額負担しなければならないのでしょうか!

遺跡の調査費用って全額費用負担?

個人住宅を立てる為の土地で、遺跡見つかった場合の発掘調査費は、自治体によって違いがあります。

 

何も知らないで、土地を購入して、遺跡が見つかったから調査費を出せ!なんて言われても、困るわけで・・・

 

中には、遺跡が出土される割合が多い県!例えば、奈良県の場合には、補助金を使って、遺跡の調査を行う県もあるみたいです。

 

補助金が、使えるかどうかは、遺跡の種類や土地の持ち主が、誰なのかに酔って違いがあって、殆どの場合は、個人の土地は自治体が、負担して、事業主の場合は、事業者が負担をすることになっています。

 

岡田准一さんの場合は、自治体が負担してくれるでしょう。

 

以前、日本ハムファイターズの梨田監督が、家を立てる時に、遺跡が出土されたことは、知られていますね。

 

その時見つかった遺跡は、2万2000年も前のもので、「はさみ山遺跡梨田地点」と名前まで付けられてるそうです。

 

もしかしら、岡田准一さんと宮﨑あおいさん家の場所にも◯◯◯遺跡岡田地点なんて命名されるかもしれませんね!

岡田准一さんの家!建築再開はいつ?

岡田准一さんの家の建築再開は、いつになるのかと気になりますが、これも、遺跡の種類によって、建築再開の許可が、降りるのがいつになるのかは定かではありません。

 

最低でも2ヶ月くらいで、長いものだと1年くらいはかかると言われていますので、岡田准一さんと宮﨑あおいさんが、結婚して一緒に生活が出来るようになるでは、しばらく時間がかかりそうです。

岡田准一さんの新たしい家の間取りは

岡田准一さんと宮﨑あおいさんが、新生活をスタートさせる家の値段は、土地・建物・デザイン・経費諸々含め5億!と言われています。

土地の広さが230坪とのことですが、どのくらいの間取りの家が出来るよでしょうか!

 

230坪に土地に建てられる家の大きさは、土地に対しての比率があり建ぺい率とも言いますが、岡田准一さんが1階建の家を建てるのか、2階建か、3階建てかによって、建ぺい率も変わって来ます。

 

一般的な4人家族などの場合には、60坪程度の土地に対して、36坪程度の家が建てられると言います。

 

間取りで言うと、3LDK~4LDKってやつでしょうか!

 

しかし、岡田准一さんが、家を建てる為の土地の大きさは、230坪!

 

思いきった事をすれば、間取りは、10部屋にでも20部屋にでも出来るとは思いますが、今のところ子供が、生まれる予定はないようですし、もし生まれたとしても、10部屋も必要ないとは思います。

 

ただ、岡田准一さんも宮﨑あおいさんも芸能人ですので、付き合いも幅広いと思いますので、家に遊びに来る人も多いだろうし泊まって行く芸能人もいるかと思います。

 

そういった事を考えると、岡田准一さんの家には、部屋がいくつもある間取りになってしまうのかもしれません

まとめ

今回は、岡田准一さんと宮﨑あおいさんが、結婚して新しい生活を始める為に建築されている思われる家が、遺跡が発見され調査される事になったことで、調査費は、岡田准一さんが、全額費用負担しなければならないのかという事や建築再開はいつになるのか、そして、岡田准一さんは、どんな間取りの家を建てるのかについて見てきました。

 

今回の内容を、まとめます。

 

  • 岡田准一さんの家を建築中に見つかった遺跡は、表面上だけを調査する一般調査と学術調査と大きく2つの調査方法がある。
  • 遺跡の調査にかかる費用は、土地の持ち主が個人の場合は、自治体が負担し、事業所の場合には、事業所が負担する!よって、岡田准一さんは、調査を負担する必要はない!
  • 岡田准一さんが、家を建てる為に用意した土地は、230坪もあるが、建てる家の階層によっても建ぺい率が変わる
  • 岡田准一さんと宮﨑あおいさんは、二人共芸能人のなので、交友関係が広く遊びに来る芸能人が多いのではないかと思われるので、沢山部屋がある家の間取りになるのではないか

 

以上の事が、今回のまとめです。

 

岡田准一さんは、遺跡がでるなんて夢も思わなかったでしょうね!

 

宮﨑あおいさんと入籍は、したもの一緒に生活を始めるのは、いつになることやら・・・

 

一番辛いのは本人たちでしょうけど、とりあえず賃貸マンションでも借りるのかもしれませんね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください