西城秀樹はもう立てないのか!現在の状態は

saijou-hideki

西城秀樹さんは、2003年と、2011年の2度も脳梗塞発症して、現在リハビリ生活を送っているそうです。

 

西城秀樹さんと言えば、1970年代には、郷ひろみさんや野口五郎さん御三家として売り出されたことで、当時は熱狂的なファン多かったと思います。

名台詞として「ひでき感激」なんて言葉が、流行った事を思いだしますね。

 

そして西城秀樹さんの現在ですが、脳梗塞の後遺症で立てない程の状態になってると噂もありますが、果たして本当なのでしょうか!。

今回は、現在の西城秀樹さんについて見てきたいと思います。

 

西城秀樹さんの歴史

西城秀樹さんは、広島県のご出身で、本名は木本龍(きもと たつお)さん言います。

 

1955年生まれで現在は、62歳の西城秀樹さん

 

1972年に「恋する季節」で、歌手デビューをした後は、たくさんの歌を歌い昭和の時代を、湧き上がらせた一人です。

 

西城秀樹さんの父親が、ジャズギターが好きだった影響を受けて、幼いころから、洋楽にどっぷりつかていたそうです。

 

そして、ジャズスクールに通い始めた西城秀樹さんは、そこで、ドラムの勉強を始めました。

 

西城秀樹さんが、洋楽との距離が近かったのは、広島という場所にも関係があったようです。

 

米軍の岩国基地には、ライブハウスなどもあって、西城秀樹さんは、出演経験者でもあります。

 

西城秀樹さんが、ドラムを演奏してる様子です。

 

西城秀樹 ドラム演奏

 

当時は、海外からの音楽は、東京よりも早いと言われていたそうで、常に新しい音楽を聴いていたそうです。

 

ドラムと言えば、昔「8時だよ!全員集合!」という番組で、ドリフターズの加藤茶さんと、一緒に演奏をしていた記憶がありますね!

 

西城秀樹のアーティストとしての歴史は長いので、語ると切りがありません!

 

幼い頃から、音楽と共に成長してきた西城秀樹は、他とはセンスが違うもの当然なのかもしれませんね!

西城秀樹さんの現在状態は

西城秀樹さんが、1度目の脳梗塞を発症したときは、軽度の言語障害が残った程度でしたが、2度目に脳梗塞が再発した時には、体の右半分に麻痺が残った状態となりました。

 

2度目の脳梗塞を発症した時は、世間から「西城秀樹はもう立てない」とも噂されるようになり、心配される声も多く上がっていました。

 

そんな、噂にも負けず西城秀樹さんは、一生懸命リハビリを行いました。

 

西城秀樹 脳梗塞のリハビリの状況

 

西城秀樹の奥さんは、一般の女性ですが、3人の娘さんを育てると同時に、家族みんなで西城秀樹さんを支えリハビリにも協力してきました。

 

そのかいあって、車椅子を使ってしか移動できなかた西城秀樹さんは、自分で立てるようになるまで回復されました。

 

そして2016年!FNS歌謡祭に、生出演されてました。

 

そこで、披露されたのは、名曲「YOUNGMAN(Y.M.C.A)」!!

 

残念ながら熱唱!とまでは行きませんでいた・・・

 

西城秀樹さんは、口パクを覚悟した上での登場となりました。

【関連記事】

西城秀樹の現在やヤングマンYMCAの和訳の歌詞の意味がやばいと噂?

そして、2018年4月!

西城秀樹さんの様子を撮影されていた方がいました。

 

こちらの動画です。

西城秀樹さんの歌い方の特徴

最近では、西城秀樹さんのモノマネをする人もあまり見かけなくなりました。

 

西城秀樹さんのような独特な歌い方をマネする事は、とても難しいことだったのです。

 

今は、口パクでしかステージに立つことができない西城秀樹さんですが、これから先も生の歌を聞くことは難しいのでしょうか?

 

また、自分の声で歌う為に、毎日一生懸命リハビリをされているよですので、いろんな人のからものまねをされうようになってほしいですね。

【関連記事】

西城秀樹口パクや舌ぺろぺろリハビリで最近は?かつらとの噂や動画も

 

西城秀樹さんと氷室京介さんが似てる?

なぜ、ここでBOOWYの氷室京介さんの話が出てくるのかと言いますと!

 

私が当時学生だった頃、BOOWYの氷室京介の歌い方や声が、似てるな~と思ったりしていました。

 

友人も言っていましたから、世間でも同じように思っていた方も多かったのではないでしょうか!

世間の意見も見てみましょう!

 

当時、部屋でよくBOØWYを聴いてた時に父親に”西城秀樹聴いてるのか?”と言われました(笑
その数日後に、『夜のヒットスタジオ』にBOØWYが出たので”聴いてたのはこの人達だよ!”と言ったら”なんだ、紛らわしいなっ!”とブツブツ言ってたのを思い出します。
BOØWYを知らない友人達も最初聴いた時は西城秀樹と間違えてました。

 

まだBOOWYがそれ程有名でなかった頃(25~26年前かな?)
『NO New York』が有線放送で流れ始めた時に“西城秀樹”の新曲とよく間違われてましたよ!(笑)

 

BOOWY時代のアルバム [BEAT EMOTION] の頃はよく似ていると思います。
特に [ONLY YOU] などはそっくりでした(笑)

 

BOOWYの曲で初めて聴いた曲が「BE BLUE」だったのですが、
本気で西城秀樹の新曲だと思ってしまいました・・・
西城さんは歌唱力ありますね。

 

やはり皆さんもそう思われていたようですね!

 

西城秀樹さんの歌い方と言えば、独特な歌い回しや少しハスキーがかった声が、非常に印象的です。

 

即に、BOOWYの「ONLY YOU」なんて、西城秀樹さんと間違えた方も大方ようです。

 

BOOWY BEAT EMOTION

 

平成になる前の頃は、歌番組で、西城秀樹さんが氷室京介さんの曲を歌った記憶があります。

 

その時は、思っていた事が叶った!ような感じがして、とても嬉しくれて、次の日友人たちの間で、話題になった事を思い出します。

 

世間でも同じ現象が起きていたのかもしれませんね!

西城秀樹さんの現役時代の映像を見るには!

西城秀樹さんの独特な歌を聞く方法は、11月15日に、3枚組みのDVD「HIDEKI NHK COLLECTION~若さと情熱と感激と~」が、発売されるそうです。

 

ファンにとっては、現役で活躍されていた頃の西城秀樹さんを見て、懐かし時代を思い出せることでしょう。

 

HIDEKI NHK Collection 西城秀樹〜若さと情熱と感激と〜 DVD3枚組 DQBX-1225 通販限定【送料無料】

でも、このDVDでも西城秀樹さんの歴史のほんの一部だと思います。

 

西城秀樹さんが、完全復活されるまでは、DVDで我慢するしかなさそうですね!

まとめ

今回は、西城秀樹さんは、もう立てないか?という内容で、見て参りました。

 

そして、2度の脳梗塞を患ってしまた西城秀樹さんの現在の状態なども見て参りました。

 

西城秀樹さんは、昭和を代表する歌手ですから根強いファンも多いのでしょう!

だから、きっと生の歌声を聴きたいと思ってる方も多いはずです。

 

2018年になっても西城秀樹のような独特な歌い方ができる人を見たことがありませんし、もれからも現れるかわかりませんね!

 

リハビリは、大変だと思いますが、西城秀樹さんの歌がテレビで聞けることを心待ちにしています・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください