愛媛県を拠点に、活動する農業アイドル「愛の葉ガールズ」の大本萌景さんが、お亡くなりになった原因として、事務所の社長の裏切りが、原因ではないかと言われています。

 

詳しい内容については、まだわかりませんが、気なるのは、佐々木貴浩社長が、大本萌景さんに、どんな裏切り行為を行ったのか!そして、どんな関係だったのかです。

 

また、佐々木貴浩社長の経歴から何かわかるかもしてません!

今回は、愛の葉ガールズの事務所の佐々木貴浩社長と、お亡くなりになった、大本萌景さんの関係や裏切りの内容についてと見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

愛の葉ガールズ事務所の佐々木貴浩社長の経歴

まずは、愛の葉ガールズの事務所の佐々木貴浩社長が、どんな人物なのか経歴から見ていきましょう!

 

佐々木貴浩社長は、1968年生まれで現在は、50歳

 

愛媛県新居浜市の出身で、実家は割烹料理屋を営んでいるそうです。

 

小さい頃からは、お店の手伝いをされていて、自分も飲食関係の仕事がしたいと思っていたそうで、高校を卒業してから、地元のホテルや飲食店で修行をした後に、1993年には自分で店を始められました。

 

そして、10店舗ほど店を増やして、2011年には愛の葉ガールズが所属する事務所「hプロジェクト株式会社」の社長となり2012年12月に愛の葉ガールズをデビューさせています。

 

佐々木貴浩社長はが、hプロジェクト株式会社を立ち上げた理由は、農家の後継者不足を解消するため愛媛の柑橘というイメージを一新させることが目的だったそうです。

 

また、若い女性が、農業で汗を流している姿を訴えるのと同時に、アイドルグループを発足されれば効果的なPRとなると考えたからです。

 

これが、愛の葉ガールズの事務所「hプロジェクト株式会社」の佐々木貴浩社長の経歴です。

佐々木貴浩社長の裏切りの内容とは?

愛の葉ガールズのメンバーの大本萌景さんが亡くなられた死因は、自殺だったとのことですが、その原因をつくたのが、hプロジェクト株式会社の佐々木貴浩社長であるとのことです。

 

お亡くなりになった、大本萌景さんのご友人の方が、Twitterで語られています。

このコメントをされた時に、数名の方からの批判とも取れる内容で、反論を受けていたようです。

 

文面の初めを呼んでみると、批判か反論をされたのかな?と受け取れる内容だと思われます。

スポンサーリンク

 

こういったことを口にするのは貴方への痛みになるのかもしれませんが、事実です
何故親族が情報を発信しているのかと言うと、社長さんに裏切られてしまったからで、ファンの方にそのことを知っておいてほしく、発信しています
私はほのかの友人で親族の方々に事実を知らせることををお願いされました

— あすか (@asuka0415_1119) 

 

ですが、大本萌景さのご友人このコメント残されたあとに、アカウントを削除されているようです。

 

大本萌景さんが、佐々木貴浩社長に裏切られ内容は、今のところ不明ですが、普段からどんな関係だったのか、まずはそこが鍵となるのではないかと思われます。

佐々木貴浩社長と大本萌景さんとの関係は

愛の葉ガールズのhプロジェクト株式会社の佐々木貴浩社長と大本萌景さんの関係ですが、佐々木貴浩社長は50歳で、大本萌景さんは、16歳!

 

この年齡差から考えて見ても、男と女の関係というのはありえないとおもいます。

 

一般的に、このくらい年が離れているなら父親と娘といった関係でしょう!

 

なので、何かの約束していて、佐々木貴浩社長が守らなかったのではないかと考えられます。

 

愛の葉ガールズの活動拠点についてなのか、大本萌景さんを、大きな事務所へ移籍させるような内容だったのかもしれません!

 

もう1つ考えられることは、友人が情報を広げてる事を、家族が望んでいると言う内容です。

 

そこで考えられるのは、大本萌景さんを、愛の葉ガールズとしてデビューさせる時には、未成年ということで、親の承諾を得なければならなかったはずです。

親と佐々木貴浩社長との間で、なにか金銭的な内容について、約束していたのかもしれません!

まとめ

今回は、愛の葉ガールズの大本萌景さんが、お亡くなりなった理由が、事務所の佐々木貴浩社長の裏切りが原因ではないかということで、その内容について見てきました。

 

そして、佐々木貴浩社長が、大本萌景さんを裏切ったとされる内容についてと2人の関係などについても見て参りました。

 

大本萌景さんは、まだ16歳でした。

 

50歳のお大人が、16歳に少女に裏切られたと思わせるくらい酷い内容なら、真相を解明しなければならないと思います。

 

大本萌景さんは、ももクロやAKB48のようなアイドルにないたいから夢をもって頑張って来たはずです。

 

16歳の少女に、自ら命を絶たせるようなことは、あってはならないと思います。

大本萌景さのご冥福をお祈りします。

 

スポンサーリンク