落語家の立川左談次(たてかわ・さだんじ)さんが、食道ガンの為にお亡くなりになりました。

 

落語家の立川左談次さんを、若い頃から知ってる人は少ないと思いますが、どんな性格だったのか!そして人柄も気になるところです。

 

今回は、食道ガンで亡くなられた、落語家の立川左談次さんの性格や人柄はどうだったのか!そして、若い頃の画像なども見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

落語家・立川左談次ガンで死去!

落語家の立川左談次さんは、2016年に食道ガンであることを公表されました。

 

今年の2月頃は立川左談次さんは、元気そうで誰もが亡くなるなんて思っていなかったはずです。

 

入院中でもいつも明るくてされていたようで、Twitterで、闘病中の様子をツイートしています。

 

 

先月は、まだ元気そうだった落語家の立川左談次さんが、亡くなるなど誰も思わなかったはずです。

 

立川左談次さんは、食道ガンの治療の影響だと思いますが、声がでない状態でも、紙に字を書いて、大勢の人の前で笑いをとる事をされていました。

立川左談次

元気だった頃の立川左談次さんの性格や人柄はどうだったのでしょうか!

落語家の立川左談次さん性格や人柄は?

落語家の立川左談次さんの性格は、食道ガンの公表をされた時のコメントをみると、よくわかると思います。

 

Twitterでも言われている事を見るとわかりますが、立川左談次さんは、正直な性格の方だなと言うことが良くわかります。

 

そして、落語家の立川左談次さんの人柄は、とてお弟子からも慕われていましたし、ファンからも愛されるようなお人柄だったようです。

 

立川左談次さんが、食道ガンであることを公表した時には、とにかく大勢に人から心配されましたし元気な姿を、高座で拝見したい!とも・・・

立川左談次さんを心配する一般のファンの声も見てみましょう!

スポンサーリンク

 

やはり、立川左談次さんの落語家を、楽しみしていたからも多かったし、とにかく病気をゆっくり直して!と多くの方から心配されていたようです。

落語家の立川左談次さんの若い頃の画像など

落語家の立川左談次さんは、67歳という若さで、お亡くなりになられたましたが、若い頃はどんな感じだったのか、最後に画像をお届けしようと思います。

 

こちらの、立川左談次さんの若い頃の画像ですが、1970年頃だと思います。

新毎踊「浪曲子守唄」を舞ってるところです。

 落語家の立川左談次

 

そして、2016年に食道ガンを公表される前の、立川左談次さんが、落語をする姿です。

落語家の立川左談次

まとめ

今回は、落語家の立川左談次さんが、ガンでお亡くなりなり生前の頃の性格や人柄などを見て来ました。

 

そして、立川左談次さんの若い頃の画像なども最後にお届けしました。

 

落語家の立川左談次さんは、2016年8月から、食道ガンの治療を続けて、また、自分の復帰を待っている大勢の人の前に、経つことを目標にされていたと思いますが、それが、叶わなかったことは、大変残念に思えます。

落語家・立川左談次さんのご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク