お笑いコンビ堤下敦さん「インパルス」が2017年10月27日に、横浜市神奈川区の国道で乗用車を運転していたとろごみ収集車に追突しました。

追突されたごみ収集に乗っていた方2人は、首に軽い軽傷をおっただけで済んだのんですが、今回の追突事故はタイミング次第では死亡事故に繋がっていた可能性が非常に高いです。

今回の事故の内容を詳しく見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

 堤下さんが起こした事故は2度目

堤下さんが、起こした事故は今回で2度目!前回の事故は、2017年の6月14日でした。

事故の内容は電柱に激突と単独事故だったのですが、申告もしていなかったので、2つの道路交通違反(過労運転と事故不申告)で書類送検されたがかりでした。

堤下さんが事故を起こした原因

堤下さんの事故の原因は、1度目は睡眠薬の服用でしたが、今回は考え事をしていたと睡眠薬の服用を否定しています。

医療機関で検査されれば明らかになりますが、考え事で事故をおこす確率って少ないと思います

どちらかと言えば、最近追突事故の原因として多くなったスマートフォンの運転中の操作などがあげられますが、そうでなければやはり睡眠薬の服用の疑いが大きと言えるでしょう。

ごみ収集車への追突

今回、堤下さんが起こした事故の相手は、住民の生活環境を守っているごみ収集の方2人

堤したさんは、信号で停止してるごみ収集車へ追突し軽傷で済んでいますが、もし、ごみ収集作業中だったらどうでしょう。

 

ごみ収集業者の2人は、確実になくなってた可能性が高いです。

 

ごみ収集車というのは、特性上トラックの後方からごみを積んで行きます。

トラックの後方にで作業をしてるわけですから、そこに車などが追突をしてしまえば、ごみ収集をしている人は挟まれています。

スポンサーリンク

そんの状態で無傷や軽傷で済むわけがないのは容易に予想がつきます

堤したさんは、ごみ収集車が信号待ちをしていたから相手は軽傷で済んだのですが、タイミングが悪ければ亡くなっていたでしょう

堤下さんの事故に対して意見

まとめ

インパルスの堤したさんが、なぜ6月に起こした事故で、書類送検されていれ常識的に考えても運転を自粛するか慎重になるはずです。
 
今回2度目の事故で、芸能活動を自粛するとのことですが、運転を自粛すればよかったのにと思いますが・・・
 
少しのタイミングのズレで、今回は死亡事故ではなかったのが、堤下さんへ対しても最後の警告です。
 
もう後はありませんよ!
 
スポンサーリンク