どうぶつの森のアプリ版が11月下旬に登場すると言うことが話題になっています。どうぶつの森のゲームが好きな人待ち遠しいでしょう。

アプリの登場が待ち遠しい人もいれば、どうぶつの森というゲームさえ知らない人もいるはずです。

実際のところ私も全く知りません!

なので、あなたを一緒に「どうぶつの森」がどんあゲームなのか一緒に学んで行きたいと思います。

スポンサーリンク
 

どうぶつの森とはどんなゲーム

どうぶつの森ゲームは、2001年に生まれたゲームで、ゲーム機本体の「ニンテンドーキューブ」「ニンテンドーDS) 「Will」「ニンテンドー3DS 」などを使用して遊ぶゲームソフトのことです。

どうぶつの森のソフトが国内で累計400万も販売されている超人気のあるゲームで、どうぶつの森を目当てにゲーム機本体を購入するので、任天堂の稼ぎ頭ともなるゲームなのです。

「どうぶつの森」ゲームの概要

プレイする人(どうぶつの森を知らない私やあなた)は、どうぶつの森へという架空の世界へ引っ越し、住人となります。

そして、動物たちと触れ合ったり釣りや昆虫採取をしてキャラクターを集めて行きます。

インターネットを使うと他のユーザーが住む森へ遊びに行ったりすることも出来ます。そこでアイテムを交換したりすることも出来ます。

こどうぶつの森の最大の魅力は、インターネットを通じてもコミュニケーションだと言う人もいます。

どうぶつの森は現実の世界とも連動してる

どうぶつの森の架空の世界と私やあなたが住む現実の世界とは、連動しれいます。

今が朝ならどうぶつの森の世界でも朝です。季節が秋ならどうぶつの森の世界でも秋です。

どうぶつの森と言うゲームは、時間や季節を感じながら楽しむことも出来ます。

最近は、このような現実の世界と連動しているようなゲームが多いきがします。

 

アプリ版と何が違う?

どうぶつの森の任天堂版を基にスマホのアプリ版が登場してわけですがその違いはなんなのかについて見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

 

どうぶつの森のアプリ版は、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」と呼び方がに若干の違いがあります

そして、スマホアプリでの「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は基本無料でダウンロード出来ますが、課金していく必要があるようです。

課金するとは

アプリをインストールするとき「app内課金あり」と書かれている場合が多いです。

アプリおwダウンロードしてインストールすることは無料できますし遊ぶことも出来ます。

app内課金とは、ゲームのレベルをあげないも課金することで、強くなったりアイテムを手に入れたり出来ますよ!ってことです。

どうぶつの森に限らずほとんどの課金性のゲームアプリは、レベルトあげたり時やアイテムを追加したい時には、課金をして購入して強くなると言う事をします。

注意点として、夢中になりすぎて、課金しまっくって後で、後悔することにならないようにしなければなりません。

聞くところによれば、アプリのゲーム課金で、何万とか払う人もいるようで、それだけ面白いのかもしれませんが自分で、コントロールしなければなりません。

課金で失敗しないためには

アプリで課金する方法は、キャリア決済・クレジットカード・「iTunesカード」や「Google Playカード」といっったWebMoney(ウェブマネー)を使います。

一番お勧めなアプリ課金は、コンビニで買えるカード「iTunesカード」や「Google Playカード」と使うことです。

先にお金を払ってカードを購入してアプリで課金をする際に、カードに書かれたコードを入力すると、課金して遊ぶことが出来ます。

まとめ

「どうぶつの森」がどんなゲームなのか一緒に学んできましたが、なんとなくわかっていただけたでしょうか。

アプリ版のどうぶつの森は、スマホの性能上本家の任天堂版より若干クオリティーが下がりますが、そんなに変化はないでしょう。

どうぶつの森ポケットキャンプ

どうぶつの森とは全く関係ありませんが、子供が妖怪ウォッチを任天堂3DSでやっていましたが、それも同じ!

近年特有の志向なんでしょうね!

スポンサーリンク