10月8日(日)に放送されますガッチリマンデーのプレゼントは、もちろん紹介された企業に関係するのものでしょう。10月8日のがっちりマンデーでは、「ガテン系の現場になくてはならない青いシート」となってます。そして、建設現場や工事現場の画像がから推測するとプレゼントされる商品はずばり!「ブルーシート」ではないでしょうか!

そんな物いらんがな!と思うかもしれませんが、ブルーシートをばかにしては行けません!

ブルーシートには、いろいろと秘密が隠されていますので、がっちりマンデーが放送される前に暴露してしまおうと思います。

スポンサーリンク
 

がっちりマンデーで儲かるらしい青いシートの秘密

ガテン系の現場になくてはならない青いシート」といるタイトルなら、ブルーシートが紹介されるはずです。そして2020年に開催される東京オリンピックに向けて、様々なところで、道路やビルの建設ラッシュが起きてるといったらもう間違いないでしょう。

ブルーシートは、ホームセンターなどにに行けば普通に購入することができます。

 

ブルーというだけに青いシートですが、オレンジや灰色などの色があって、違いはあるのかと疑問に思ったことはないでしょうか?

 

現在の主流は青ですが、人の噂が元となってブルーが使われる用になったのです。

ブルーシートが青色である理由1

合成樹脂という素材が採用される前までは、青色ではなくオレンジ色が主流といたようですが、1965年頃にオレンジ色に染めるための顔料が、人体に悪影響を及ぼすという噂が流れました。

人に悪影響を及ぼす「重金属であるカドミウム」が含まれていると・・・

 

その後の調査でわかったことですが、オレンジ色の顔料に、重金属のカドミウムが含まれているなんて全くの嘘!

風評被害ってやつです。

そんな変な噂のせいで、次第に青色に変わったと言われています。

ブルーシートが青色である理由2

青色となった理由にもう一つ理由は、空や海の色に近い色だから景観を損ねないだろうという考えと同時に青色の顔料が一番安い!

スポンサーリンク

この2つの理由からブルーシートは青色となったのです。

シートの色あれこれ

青以外にも茶色・銀色・迷彩色などがあることは知っていますか?

遺跡などの発掘現場では、ブルーシートではなく背景を損ねない茶色が使われて、銀色の場合は、ブルーシートなどのように覆いかぶせるような使い方ではなく下に敷いて使います。

銀色にシートの場合下に敷いって使うのは、太陽の光を反射されて果物の育成を手助けする為に、ブルーシートとは少し違うわけです。

迷彩色の場合は、言わずと知れた自衛隊が、使うためのものです。

ブルーシートの強度

10月8日のがっちりマンデーの中で、ブルーシートの強度についてもきっと紹介されると思います。

現在のブルーシートの材質は、ポリエチレンの糸を織ってシートにしたあとに、「ラミネートコーティング」されたものがほとんどです。

別名「ポリエチレンラミクロスシート」とも呼びますが、この材質の最大の特徴は紫外線に強いことです。

屋外で仕様するから、当然紫外線に強くなくては話になりませんから!

 

そして、防水性や保湿性もあり災害時にはとても重宝します。

ブルーシートの規格

あまり知られていないブルーシートの規格ですが、#◯◯◯と表記があります。

#3000と記載があれば、そのブルーシートの重さは。約3kg、#2000は約2kgとおよその重量を示しています。

そして#1200~#5000くらいの表し方がありますが、数字が大きくなるほど耐用年数も長いという事にもなります。

広さについては、代表的なブルーシートでは、3.6m×5.4m・5.4m×7.2mなどありますが、間(けん)と言う単位で表されることもあります。

間(けん)とは、あまり聞きなれない単位ですが、1間の場合は、約1.8mという長さになります。

最後に

もし予想通り10月8日に放送されるがっちりマンデーのプレゼントが、ブルーシートだった場合は、応募しますか?

いざという時には、必ず役に立ちます。

コンパクトにたためますので、邪魔にはなりませんからぜひこの機会にご応募を!

スポンサーリンク