恵方巻き由来は簡単!江戸時代の7種類の下ネタで芸者もスッキリ!

恵方巻き

2月3日は節分!恵方巻きを食べるという方も多いとおもいます。

恵方巻きの由来って知ってましたか?

恵方巻きlの由来を簡単に説明すると江戸時代から伝わる7種類の下のネタから来ていると言われていて、芸者にさせていた遊びから来ていると言われています。

今回は、恵方巻きの由来を知ってスッキリしたいと思ってる方に、恵方巻きの豆知識として知って記事を書いてみました。

 

恵方巻き由来は簡単に説明してスッキリ!

まずは恵方巻きの由来を知ってスッキリするところから入りたいと思います。

江戸時代からあると言われている恵方巻きですが、いくつかある由来の中で、下ネタ説!というものがあります。

下ネタですので、これから先は閲覧注意でお願いします!

恵方巻きをまるごと口に入れる姿をみるとわかる人にはわかると思います・・・

そうです!・・・

 

想像できたあなたは、かなりの下ネタ好きかもしれませんね!(笑

恵方巻きの由来は江戸時代の芸者さんとの遊び?

江戸時代に偉い人達が、芸者さんに恵方巻きをまるごと口に入れさせる姿をみて、下ネタを連想させる遊びをして笑っいた男性たち!

 

「いやいや!あの恵方巻きより拙者の恵方巻きが太くて長いでござる」

 

とこんな感じなんでしょう!

 

くだらないことですが、笑うことは良いことだし福が来るとも言われています。

 

たまたまその日が2月3日だったかはわかりませんが、笑う事が良しとされ悪いことを追い払うと、信じられた江戸時代に恵方巻きは下ネタを楽しむ男性が芸者さんにさせたゲームが由来だという説もあります。

恵方巻き7種類の下ネタとは

恵方巻きを食べる習慣がついたのは、江戸時代に始まった下ネタ説がありました。

7種類も下ネタを考えついた江戸時代の男性たちには、他にやることねーねのかよ!って突っ込みたくもなります。

 

想像して見て下さい。

 

恵方巻きで7種類の下ネタで思いつくことを・・・

 

職場の飲み会などでもゲームとしてやってみると面白いかもしれません!

 

昔からお酒の席では、下ネタが一番罪を作らないと言われていましたから・・・

まとめ

今回は、恵方巻き由来を簡単に説明して参りましたがスッキリして頂けいたでしょうか?

恵方巻きの由来は、江戸時代に芸者さんにさせていた7種類の遊び説だといことでした。

食べのものですので、粗末にすることはよくあありませんが、想像だけでモノ芸!として恵方巻きネタをしてお酒の席で盛り上がるのも楽しいかもしれませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください