はれのひ計画倒産で着物は転売の噂!福岡天神店が営業した理由とは!

2018年に入ったばかりで、非常に不愉快なニュースが、報じられました。

着物のやレンタル販売を手がける業者「はれのひ」が、成人式に出席するために着付けを行うために、店舗を訪れたところ店はモノ家の殻状態!

購入した着物送られてくることもなく預けていた着物の行方も分からないまま店側とは連絡も取れず、購入した振り袖も届かずに、成人式に参加するはずだった新成人を迎える方々の中には、成人式に出席できなかった人もいるようです。

 

「はれのひ」は、国内に5つの店舗がありますが、そのうち4店舗は、すべて空の状態となっていましたが、福岡にある天神店だけが営業をされたようでが、どうやらボランティアで働いたようなのです。

今回気になるのは、購入したり預けていた着物の行方やなぜ、福岡天神店だけが営業をしたのかというところです。

今回は、その気になる点について見て行こうと思います。

 

「はれのひ」の計画倒産で着物は転売のうわさ!

まず、今回の事件で、「ハレノヒ」は計画倒産ではないかと言ったうわさが聞かれます。

早い人では、2年も前から予約をしていたというかたもいたそうです。

そして、高額な着物を進められる際に、「この振り袖を、購入頂くと、一番いい時間帯で予約を承る」などと言ったやり方をしていたとも言われています。

 

その、当時から倒産を計画していたのでしょうか。

 

だとしたら、購入した着物は、最初から本人に渡す気などなかったのではないかと考えられます。

 

そして、成人式の当時に、着物を店舗に持ち込むと大変ですので、事前に預けるといった方法を取る方もいるともいます。

 

しかし、当日は、「ハレノヒ」の店舗は、空っぽの状態でしたので、預けた着物の行方はどうなったのかと考えると、やはり計画的に転売されたと考えるべきなのでしょうか!

 

着物や振り袖などは、おばあちゃんやお母さんあるいは、お姉さんから受け継がれた物を着るというパターンもあったりします。

 

その、家族の絆やお金では買うことができない思い出がいっぱい詰まった着物を訳の分からない業者に、転売などされてしまうなど許されることではありません

 

「ハレノヒ」の経営者が、今どこで何をしているのかは、わかりませんが1日も早く公の場に姿を表し今回なぜこのような事になったのかを説明してもらいたいと思っています。

【関連記事】

【はれのひ】社長篠洋一郎氏の経歴や結婚していて嫁や子供はいる?

ハレノヒ!計画倒産の噂!社長の篠崎氏の逮捕はいつ!住所や写真も判明

はれのひが12月に企業売却が破談した理由!吸収合併・提携4社はどこ

はれのひ社長の篠崎洋一郎の逃亡先は神奈川県の知人の家!着物は保管中

福岡天神店が営業した理由とは!

「ハレノヒ」のなかで、唯一、しっかりと営業をしたのは、福岡にある天神店だけのようです。しかも、給料もでないとわかっていながら・・・

他の店舗は、計画倒産ではないかと、うわされるもあったのですが、なぜ福岡天神店だけ営業をしたのか!

それには、理由があるようです。

福岡天神店のマネージャーの決意

福岡天神店のマネージャーは、取材にたいして、社長や専務と連絡付かないが、新成人を泣かせてはならないと独自の判断で営業を行ったとのことです。

 

福岡天神店のマネージャーは、やると決めていたそうなのです。

しかも、ボランアティアになるとは知りながらの決断!

そういった意味では、福岡天神店のマネージャーさんやスタッフのみなさんも被害者ではないのでしょうか!

給料より自分がやることをしかりとやる!その男気と根性には、感動した方も多かったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください