9月12日に発売が決定される予iPhone

名称はiPhoneXとなる可能性が高いと噂されれいますが、サイズはどうなんどうなんだろうと・・・

今回は、次世代iPhoneXはiPhone7に比べると小さいのかについて見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

iPhoneXのここがすごい

iPhoneXの最大の特徴は、狭額縁のベゼルレスデザイン

ディスプレイを最大限に活用するため、ホームボタンがないと言う今までのiPhoneのデザインインを一新したものとなっているようです。

なくなってしまったホームボタンは、どうなるのか?

ジェスチャーによるコントロールか仮想ボタンになるかと思われますが、いずれにしてもスマートフォンは、ポケットに収まる程度でなければ、スマートフォンとは言えないので、スマートを維持したまま以下に画面の無駄な部分を省くかというところに注目した形となることは間違いないでしょう。

iPhone7と比べると

ご覧の通りiPhone7のほうが小さい!

iPhone7が4.7インチでiPhone7Plusが5.5インチだったので、おそらくiPhoneXは5.5インチではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

気になるiPhoneXの価格は

有機ELのが採用されているようですが、この有機ELが、非常にコスト高で、iPhoneXの価格も相当高くなるのではないかと見ています。

価格は1,000ドル日本円で、11万円を超えると予想されて言いますが、そこまでお金をだしてiPhoneXを購入するメリットはあるのでしょうか?

なぜiPhoneXなのか

素朴な疑問ですが。iPhone7まで発売されていますから、次世代のiPhoneはきっとiPhone8になると思いまいしたけど、iPhoneXになぜなったのでしょうか。

簡単に考えるとXは10を表します。

そして、iPhoneは10週年を迎える記念モデルとしてiPhoneXを発売したのではないでしょうか。

Windows7から新しいOSとなるときは、きっと8になるだろと思いましたが、なんと8と9を飛ばしでWindows10となったときは驚きでした。

まあ数字なんてこだわらなくてもいい思います。

問題は、iPhoneXが、いい仕事をしてくれるか!これに尽きると思います。

 

 

スポンサーリンク