日産自動車は、無資格者に検査をさせたことで問題になってますが、もう過越東京モーターショーが開催されます。通所ならこれだけの騒ぎを起こしたというこで、自粛して出典を取りやめるなど行うはずですが、どうやら決行するようです。

果たした日産は、無資格者の問題を抱えたまま東京モーターショーに出展しても大丈夫なのでしょうか。

スポンサーリンク

日産自動車の東京モーターショー出展

東京モーターショー2017に、日産自動車は真我のリーフを出展すると思われています。

9月6日に正式は発表されたばかりの新型リーフは、東京モーターショー2007では、主役となるはずです。

今年の見所は東京モーターショー2017見どころ最新情報

新型リーフは今でモデルとガラリとかわりましたので、注目をされることは間違いないと思われますが、同時に無資格者の問題でも注されています。

無資格者検査で対処したこと

日産自動車が、今回2度目の無資格者に検査を行っていた工場は、追浜工場・栃木工場・日産自動車九州の3工場だたのですが、対処したことは、日産グループの国内全6工場で生産している国内向けの車両の完成検査業務・車両出荷停止・車両登録の停止を行うことをきめまいた。

同時に、日産自動車の西川社長は、東京モーターショー2017の会長を、トヨタ自動車の豊田社長に会長代行をお願いしました。

なぜ無資格者にさせたのか

無資格者に検査をさせることが問題をなることは、やっぱりと言う声もあります。

人材育成の送れが、今回の一番の原因だと専門家の人も言っていますが、自動車業界では、人不足ということが深刻な問題となっています。

自動車の整備や検査に携わる人には、ちゃんとした技術や知識が必要となりますので、人を雇う際には頭数を揃えればいいというわけではありません。

 

そして、技術や知識は1ヶ月や2ヶ月で身につけるような子とは出来ないのです。

 

知識や技術がなければ、検査員の資格など取得できるはずもありません。

そして、検査員が不足してることや生産ラインがしっかりしているからだ大丈夫だと、少し油断をしてしまったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

日産自動車に対する一般の意見

まとめ

日産自動車が、無資格の従業員に新車の検査をさせていたという問題で、国から指摘されいたにも変わらず、3つの工場で検査に無資格者が関わっていたとは・・・

東京モーターショーは、自動車業界としては一番成果を見せる場でもあります。

今年の東京モーターショーで、日産は「ヒューマンマシンインターフェース」(HMI)を全面にアピールすると思いますが、その前に「信用」という人に対しうる技術をどう取り戻していくのでしょう。

スポンサーリンク