大塚家具の春日部店が、2018年5月27日で、閉店することが決まりました。

 

事実を知った世間の人々からは、大塚家具は、倒産する可能性が高くなったとも言われているようです。

 

また、2年前にお家騒動のあと、値段が高いと評判の「匠大塚」と言う高級家具専門店を立ち上げた父親勝久氏は、今のところ経営状況は公表されていませんが、業績悪化などのうわさもなく経営は順調ようです。

 

今回は、倒産の可能性が高いと言われてる大塚家具と、匠大塚の違いについて、世間の評判なども持ち込みながら見て期待たいと思います。

スポンサーリンク

大塚家具・倒産の可能性も?

2015年に起こった、大塚家具の現社長の大塚久美子社長と現在の匠大塚と勝久会長とのお家騒動は、よく知られる話しです。

 

株主を見方に付けて、父親を追い出す形で、社長となった大塚久美子氏が、勝利してから3年たちましたが、今では倒産の可能性があるのではないかと世間では噂されるような事態となってるようです。

 

大塚久美子社長が、経営する大塚家具は、お家騒動の後も業績が悪化していたようです。

 

その原因として、4つほどあると思います。

 

  • お家騒動で、大塚家具と言うブランドのイメージが悪くなった。
  • 低価格のニトリやIKEYAに押されて苦戦を強いられた。
  • 大塚久美子社長の無借金経営への拘り
  • 株主への無理な配当

 

その結果大塚家具は、店舗の小型化や今回の、創業地の春日部の店舗を閉鎖するところまで追い込まれてしまったのではないかと思います。

 

今のところ、春日部店閉店の理由は、建物の老朽化と経営の合理化との事とですが、周りの人々は、大塚家具は倒産する可能性が高いと、見ているようです。

 

大塚久美子氏が社長へ就任したあと、家具の価格など見直して、一般の人々が利用しやすいような企業のイメージを変えてきたはずなのに上手くいきません!

 

その一方で、実の娘から追い出せれた父親が、新しく立ち上げた匠大塚の経営状況は、明かされていないものの、経営が上手く言っていないような噂もありません。

 

大塚家具と匠大塚の違いは何なのでしょうか!

 

2人の違いなどを見てみましょう。

高いと評判の匠大塚との違いやは

匠大塚が、取り扱う家具は、一般の私達にとっては、敷居が高いと思います。

 

しかし、それでも経営を、上手く軌道に乗せる事が出来たのは、大塚久美子社長の今を見る視点と、父親勝久氏の未来がどうなるか?という視点の違いだろうと思います。

 

それは、経営者としての経験や人としての人望なども考えられますが、中でも影響が強いのは匠大塚の会長勝久氏の人望の方が強いと思います。

 

だったら、なぜお家騒動の時に、父親の勝久氏の見方になる人が少なかったのか言う疑問が残ります。

 

久美子社長と勝久会長の視点の違いや人望の2つが、明暗を分けた要因だとおもいますので見てみましょう!

久美子社長と勝久会長の経営に対する視点の違い

株主たちが、お家騒動の時、大塚久美子社長の味方になったのは、単に、今の時代の波や流行などにしか着目していなかったのだろうと思います。

 

ですが、それも仕方のないことでしょうね!

 

現代社会は、ものが溢れていますしインターネットを使えば、家具でもすぐに買うことができる時代です。

 

高級家具を、買える年齢層の高い人達は、歳を取りその人工も現象傾向にあることも考えたからだと思います。

なので、株主たちが、高級品を買える経済力をない人の方が多くなっと判断して、今の時代の波や流行に着目して、久美子社長の味方になったこともそうだろうな~と納得できると思います。

 

しかしこの点がまずかったようです。

 

もう1つ時代の流れにあるものそれは、「良いものを長く使う」と言った考え方にかわりつつあるというところです。

 

気分転換で、家具を変える事やライフスタイルに合わせた家具の買い替えを、する人もいるとは思います。

 

でも、「忙しい・他にお金がかかる・買い換えた時、今使っているものを処分するのが面倒だ!・時代はエコだ!」などいろいろな理由があって、多くの場合、家具を買い換えるスパンが長くなったと思います。

 

その結果、買い替えたいと思っても「今すぐじゃなくていいか!」とか、選択肢が、多すぎて迷っているうちに、もう少し考えようとして、後回しにしてる!

 

実際わたしもこのパターンですけどね!

 

このように、手軽に変える家具よりも「一度変えば長く使える」という時代になると、匠大塚の勝久会長は見ていたのかもしれませんね

それに、ニトリやIKEYAというは先にあったわけですから、それを後から追いかけようとしても遅かった・・・

 

それも、視点の違いなのかもしれません

久美子社長と勝久会長の人望に関する違い

大塚久美子社長と父親の勝久氏は、人望という面については大きく違いがあると思います。

 

日本は、お国柄なのか「義理人情」に拘る傾向があると思います。

 

現・匠大塚の会長が、大塚家具に在籍してたころは、「社長の娘さん」だからということで、勝久氏の親しい人からも可愛がれていたことでしょう。

それが、1つの会社の社長となると、娘だからというわけはいかないし、勝久氏がいたからこそ「お世話になってるから・・・とか、勝久氏がいうなら・・・」といった日本人特有の「義理人情」が通用したのかもしれません

スポンサーリンク

 

匠大塚を立ち上げた頃、勝久会長は、メディアのインタビューで、こう言われています。

 

すぐに本格的な商売を再開して大塚家具と直接競合するのも嫌でしたし、社員のことも心配だったので、大塚家具を辞めてから2年半はじっとしていたということです。

 

大塚家具はあれほど大きな会社ですから、我々が同じような家具を調達するというのは簡単ではありません。メーカーさんも大塚家具と取引があるので遠慮があります。いくら私に信用があっても、取引できないこともありました。また強引に仕入れて売ったところで迷惑をかけてしまいます。

 

 ただ、今では逆にメーカーさんから「うちの商品を扱ってくれませんか」と言われるようになりました。「やっと思い切り仕事ができる」と実感しています。今までは時間がかかりましたが、これからはスピードが速まると思っていますよ。

引用元:http://diamond.jp/articles/-/157403

 

注目したいのが、「社員の事が心配だったので、2年間はじっとしていた」・「逆にメーカーさんから内の商品を扱ってくれませんか」というところではないでしょうか。

 

勝久会長は、大塚家具に残された社員の事だけではなくて、取引先の事も思うような人です。

 

そんな風に、人と付き合ってきた事で培ってきた人望・・・

 

それが、大きな転機に結びつた!

 

その例だと思います。

 

しかし、まだ、信頼のない久美子社長!

 

 

大塚家具が、倒産するかもしれない可能性があるのに、手を差し伸べる人が1人もいない事も父親が持つ人望と久美子社長が持つ人望の違いだとも思います。

 

でも、匠大塚の勝久会長から見れば、過去にどんないざこざがあったとしてもやはり自分の娘です。

 

そして、今の大塚家具で、働く社員やその家族の事を心配してるに違いないと思います。

 

大塚家具に、倒産の可能性が高くなれば、匠大塚の会長と言えど、ないか行動を起こすのではないかと見ています。

 

ここまで、個人的な意見として、大塚家具が倒産する可能性が噂される理由について見てきました。

 

世間での人たちは、大塚家具と匠大塚の事をどのように思ってるのしょうか!

大塚家具を利用した事がある世間の意見は

大塚家具を、利用して世間の方々はどのような意見をお持ちなのでしょうか!

 

また、高級家具というイメージを一新した後の大塚家具について、どのように感じていたのかも注目てみたいと思います。

 

30代 男性会社員30代 男性会社員

まだ分裂前の大塚家具行った時、こんなに高級家具ばかり、一生に一度買うか買わないかの品揃えで長年営業を続けている事に驚き、余程お金持ちの常連さんがいるのだろうと感心して店を出た事を思い出した

30代女性30代女性

ヨーカドーというかサトーココノカドーにしか行った事ないけど大塚家具は確かに入りづらいムードはありました。

30代 男性会社員30代 男性会社員

社長変わってから何回か行ったけど、上手にやればそこまでアカンこともないと思うんだけどね。似たような商品ならよそより安いくらいだったし。

20代女性20代女性

ちなみに新宿の大塚家具は種類が豊富で私が行った時はネット最安より値段が少し安かったです。

30代女性30代女性

大塚家具のショールームに行った時、説明してくれたのが佐野史郎の一回り小さくしたような方だった。 自社製品だからって長所ばかりでなく欠点もきちんと説明してくれて、自信持って仕事していてかっこ良かった。

昔の大塚家具を利用した事がある方も最近の大塚家具を利用した事がある人の意見でした。

値段をさげると同時に、大塚家具の敷居の高さを下げると行った戦略は、若い方にとっては良かったのかもしれませんね!

 

そして、一所懸命にお客さんに説明する姿が良かったという方もいましたが、商品の事を知りたいときって、長所ばかりではなく短所の方が、とても重要だと思いますね!

匠大塚を利用した事がある世間の意見は

匠大塚を利用した事がある人の意見をまとめて行きますが、地元の春日部に住まれている方がどのように見ているのかにも注目してみようと思います。

30代 男性会社員30代 男性会社員

昨日、匠大塚にキルト展を見に行った 初めての匠大塚に少し楽しかった キルトは、40~50は展示してあって家具も観てきたが、やはり高級志向の匠大塚だけに、私には手に届かないプライスでした。

50代男性50代男性

大凧上げの写真撮りに行ったときに見たんだけど親父さんの匠大塚は協賛出して匠大塚とデカデカと書かれた凧飾ってあったね。

30代 男性会社員30代 男性会社員

IKEAとニトリと匠大塚全部行ったけど、匠大塚がIKEAとニトリの競合ではないと言うのは過言ではないと実感した。

匠大塚を利用した方々の意見でしたが、高級に拘りそれを変えるような年齢層を、徹底してターゲットにしているとこが伺えると思います。

 

それから、お凧上げのときの協賛!地元への参加もしっかりとここなうとこについても、匠大塚の勝久会長の人柄などの合わられなのかもしれませんね!

まとめ

今回は、大塚家具が、倒産の可能性高いと言われている理由などから見てきました。

また、家具の値段が高いと、評判など匠大塚と大塚家具の違いはどんなところにあるのか、利用した事がある世間の方の意見などを見て参りました。

個人的には、これからどんな事が起こるかと予想できる経営者の視点と、長い歴史で培われた人望などが、これから大塚家具が倒産の可能性が変わるところではないかと思いますが・・・

 

大塚久美子社長が、これからどういう行動をとってピンチから脱出されるのでしょうか・・・

スポンサーリンク