m-floのLiSA!neverの歌詞の意味に岩田剛典の反応は?

m-flo

3月10日公開の映画「去年の冬、きみと別れ」の主演を務める岩田剛典さんですが、実は昔からm-floのファンだったそうです。

そして、今回の映画」昨年の冬、きみと別れ」の歌詞を書いたm-floのLiSAさんが、「naver」に込めた歌詞の意味について、岩田剛典さんの反応はどうだったのでしょうか!

早速見てきたいと思いまます。

 

LiSAさんが「naver」歌詞の意味に込めた思いとは

m-floのLiSAさんは、この「naver」の歌詞の意味について、メンバーに対して、書いたラブレターのような思い込めていると語っています。

 

長い期間の離れて活動する中で、LiSAさんは、きっといつかm-floで歌う事を、ずっと考えていたのでしょう!

 

そして、15年ぶりに再開したm-flo!

 

【関連記事】

エムフロウのリサの現在!脱退理由は結婚!メンバーとの不仲や画像も

 

LiSAさんは、長い間に溜め込んだ想いを 「naver」に詰め込んだのだと思います。

 

15年ぶりに再開して、まず一発目のレコーディングとなった曲は「naver」だったそうですが、LiSAさんは歌詞の3、4行付近で泣き出しそうになったそうです。

 

では、m-floのLiSAさんが泣き出しそうになった歌詞の内容と意味を見てみたいと思います。

m-flo「never」の歌詞の内容や意味は

m-floの「naver」歌詞

m-flのLiSAさんが、書いた「naver」は、15年ぶりのレコーディングの一発目に、歌われた曲だそうで、3、4行目付近で泣き出しそうになったと思われる歌詞は「孤独に耐えた日々」と言う部分がありますが、まさしくそこの歌詞だと思います。

m-flo LiSA

意味として捉えるならLiSAさんが、15年間m-floから離れていた期間に、悔やんで泣いた事もあったよ!というメッセージが、込められているのでしょう

 

実際に、LiSAさんが、書いたm-floの「naver」を聴いてみると、なんだか切ないような・・・

そんあ感情になってしまうのは、私だけでしょうか・・・

そして、LiSAさんが歌詞を書きm-floとして歌う「naver」は、三代目JSBの岩田剛典さんが、主演を務める映画「去年の冬、きみと別れ」の主題歌にとして使われることになりました。

 

映画の「去年の冬、きみと別れ」の主題歌として選ばれた理由として、LiSAさんが書いた歌詞の意味に、映画で伝えたいメッセージが込められてると岩田剛典さんも言っています。

 

では、映画「去年の冬、きみと別れ」とm-floのLiSAさんが書いた歌詞のの内容と、どのような部分が、合致してるのでしょうか!

m-floの「naver」の歌詞に岩田剛典の反応は?

m-floの「naver」の歌詞の前に、まず岩田剛典さんは、昔からm-floのファンだったそうです。

 

そんあ憧れの存在から、初めてあった時は、地球人離れしていると言う反応や宇宙人!と行った反応をしていたそうでが、映画の主題歌を歌って頂けて光栄だとも言われていました。

岩田剛典 m-floに光栄

そして、m-floが歌う「去年の冬、きみと別れ」の主題歌「naver」の歌詞について、岩田剛典さんは、本当に映画にぴったりな歌詞だと反しています。

 

また、「去年の冬、きみと別れ」で伝えたい想いは、愛や人の内面の部分だと言われています。

まとめ

今回は、m-floのLiSAさんが書いた歌詞「naver」に込めた想いなどから。歌詞の内容など見てまいりました。

 

そして、映画「去年の冬、きみと別れ」に主題歌として使われうようになっ曲「never」の歌詞の意味や主演の岩田剛典の反応なども見てきました。

 

「naver」歌詞に、m-floのLiSAさんが、込めた長年の想いと、岩田剛典さんが主演を務める映画の内容とマッチした歌詞ということなので、映画の公開が楽しみですね!

【関連記事】

エムフロウのリサの現在!脱退理由は結婚!メンバーとの不仲や画像も【関連記事】

m-flolisa新曲NoQuestionのMVで坊主!髪は自毛?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください