2018年6月6日に行われたサッカーの天皇杯のpk戦で、奈良クラブの金久保選手が、ボールを蹴る前に、フェイントを入れたとして本来なら失敗とするところを、蹴り直しとされました。

 

私を含め、サッカーのルールを知らない人は、フェイントってルール違反になるの?と疑問に思うのではないでしょうか?

 

また、pk戦で、ボールを蹴った奈良クラブ金久保選手のフェイントの画像を見てみたいという方もいるだと思います。

 

今回は、サッカー天皇杯!pk戦でのフェイントはルール違反になるのかということや、奈良クラブの金久保選手のフェイントの瞬間の画像を見てみようと思います。

スポンサーリンク
 

天皇杯でのpk戦 で、フェイントはルール違反になる?

天皇杯でのpk戦の際、奈良クラブの金久保選手が、ボールを蹴る前に、フェイントと判定されました。

 

pk戦の時って、フィエイトを使うとルール違反になることは、知らなかったですね~

 

pk戦でのフェイントは、ボールを蹴る前、つまり助走してる段階では行っても大丈夫です。

 

助走のスピードを早くしたり、遅くしたりするってやつ!

これは、OK!

 

しかし、助走後にフェイントを使ってしますと、ルール違反となりpk失敗と判定されます。

 

今、問題となっている天皇杯の名古屋グランパス対奈良クラブでのpk戦のやり直しとなった理由は、本来ルール違反で、失敗となるところを、やりなしせ!と審判に言われて、そして点が入ってしまったからのようです。

奈良クラブ金久保選手のフェイントの動画は

では、天皇杯で、奈良クラブの金久保選手が、フィエイトを使ってやり直しと判定された時のが動画を見てみたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

どうやらフェイントとは、ケンケンパ!

 

これが、どうやらフェイントと、取られたようです。

 

本来は、pk失敗とされ、次の選手へ交代するはずですが、なんと!

pkやり直しとなりました。

まとめ

今回は、天皇杯でのpk戦 !フェイントはルール違反になるのかという内容を見て参りました。

 

また、pkのフィエイトの瞬間と、やり直しをさせれたる奈良クラブの金久保選手の動画などを見て参りました。

 

今回の内容をまとめます。

 

  • 天皇杯に限らずサッカーのpk戦でルールでは、フィエイトは、ボールを蹴る前の助走のときだけである

 

  • 天皇杯で、奈良クラブの金久保センスが、フィエイトだと指導されたのは、ケンケンパだった

 

以上が今回のまとめとなります。

 

サッカーのpk戦では、ボール蹴るときは、フィエイトを使うとルール違反になるんですね~

 

もうすぐW杯が開催されます。

一つ新しい事を知ることができました。

 

スポンサーリンク