小平奈緒は頭いい?クールで男前と言われたエピソードやあだ名は?

平昌オリンピックスピードスケート女子500メートルで、日本の小平奈緒選手が見事に金メダルを獲得され話題になっています。

 

小平奈緒選手が金メダルを獲得できたのは、戦略を練って頭いいからとも言われています。

 

そしせ、小平奈緒選手には、クールで男前と言われたエピソードもありあだ名も気になります。

 

今回は、平昌オリンピックスピードスケート女子の小平奈緒選手はなぜ頭がいいと言われているのかということや、クールで男前と言われたエピソードとあだ名について見て行きたいと思います。

 

小平奈緒は頭いい?

小平奈緒選手が頭がいいと言われてますが、勉学ができる!ということなのかと思いまず学歴などから見てみました。

小平奈緒選手の学歴

小平奈緒さんが卒業された中学校は、長野県にある「芽野市立北部中学校」を卒業されていて、高校は「伊那西高等学校」を卒業しています。

 

成績がよかったということで、考えれると学校では頭いい!と言われていたのかもしれません!

 

そして、大学は、後に就職先となる「社会医療法人財団慈泉会相澤病院」に就職するために「信州大学教育学部生涯スポーツ課程」を卒業されています。

 

小平奈緒選手は、スピードスケートの練習や試合の傍ら受験などの勉強もしてきたと考えられるので、短期間で科目の内容を吸収してきた事をかんがえれば、やはり頭いい!!というか何に関してもセンスがいい!事になると思います。

 

では、スピードスケートの方では、小平奈緒選手が頭いいという事はどの当たりになるのでしょうか!

小平奈緒選手の試合のスタイル

小平奈緒選手がスピードスケートのレースに、出場される時の準備などを、みると頭いいって言われうのがわかると思います。

 

まずレース前に、早めにコースに入り氷の状態を確認されるそうです。

そして、レースのシュミレーションしスタートしてどこからダッシュするのかなど細かいタイミングなども確認されるそうです。

 

そうした事前にできる準備を怠らない小平奈緒選手は、他の選手よりは頭いいし戦術のしっかりと立てているということです。

 

小平奈緒選手はクールで男前と言われた?

小平奈緒選手が、今回の平昌オリンピックで金メダルを獲得した時に、クールだ言われていましたが、その理由はまずインタービューに答えた時の姿!

 

多くを語る事もなくただ聞かれた内容に対して淡々と答えてサッと引く!

 

この姿を見て小平奈緒選手ってクールだな~と言われてたのではないかと思いますが、もう1つ気になるのは、男前!って言葉です。

 

女性であるにも関わらず男前だと言われたのは、多くの女性ファンから言われているようです。

 

小平奈緒選手の体の筋肉やクールな仕草を見ると女性としてはたくましい!!と思ってしまうのではないでしょうか!

その為、クールだし男前だ!と言われているのかもしれません

 

そして、小平奈緒選手が男前!だと思ったのは、今回、金メダルを決めた決勝の相手「李相花」が涙する姿を見てグッと抱きしめるシーンだと思います。

小平奈緒選手 男前

まるで、男性が女性を抱きしめているかのようなこの風景には、誰もが、男前だ!と感じたのかもしてません!

小平奈緒選手のエピソードなど

小平奈緒選手は、クールで男前と言われたりちょとわったエピソードもあるなか他にも面白いエピソードがあるのでご紹介をしておきます。

 

小平奈緒選手は、相撲が好きなようで同じ長野出身の御獄海(みたけうみ)関のことをみーたんと呼んでいて応援してるそうです。

 

また、今回のフィギュアスケート男子で同じく金メダルを獲得された羽生結弦選手のものまねが得意で、インスタグラムにアップするなど、おちゃめな面の小平奈緒選手のエピソードとしてはあるようです。

 

そして、小平奈緒選手が今回の平昌オリンピックで金メダルを獲得するためにフォームについて指導を受けた時のエピソードがそのままあだ名になったという話ですが、どんなエピソードからあだ名が付いたのかを見てみることにしましょう。

小平奈緒選手のあだ名は?

小平奈緒選手には、あだ名があるようです。

 

ボースカット」や「怒ったネコ

 

怒ったネコというあだ名は、元々はフォームの修正の為に使われた言葉がそのままあだ名となってしまったようです。

 

スピードスケートでは、重心を低くするフォームが望ましと言われていて、見た目が怒ったネコのようになるのが、良いそうです。

 

しかし、多くのスピードスケートの選手は、低い姿勢を意識しすぎるあまりに、怒ったネコのような形になっていないと言われていす。

小平奈緒選手が、勝利するために指導されたフォーム「怒ったネコ」がオランダ語では、「ボーズカット」というそうです。

 

「怒ったネコ」のあだ名は、これかろは「怒ったトラ」というあだ名に変わる!という方もいます。

まとめ

今回は、平昌オリンピックスピードスケート500メートルで、見事に金メダルを獲得された小平奈緒選手について、頭いいと言われている事やクールで男前と言われたり面白いエピソードなどを見て参りました。

 

そして、小平奈緒選手のエピソードを見ていくとフォーオムの改善をする時の表現がそのままあだ名になってしまったこともエピソードとしてはありました。

 

小平奈緒選手は、金メダルを獲得されてホッとしてるし今までの努力が身になってと思います。

 

これからも活躍を期待しますが、クールで男前ではなく女性としてのかわいい面もどんどん見せてほしいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください