京都府舞鶴市で行われていた相撲の巡業中に、多々見良三市長が倒れられた時に、女性は土俵から降りて下さいと言うアナウンスがされた事が、話題を呼んでいます。

 

大相撲の土俵は、女人禁制とのことですが、明治時代にできたそうで、理由が気になります。

 

また、相撲の土俵は、女人禁制は差別ではないのか?と言う声や人命よりも優先さされるのかと言った声が多く世間の反応も気になります。

今回は、大相撲の土俵が女人禁制は差別ではないのかという声や明治時代になぜ出来たのか!その理由について見て行こうと思います。

スポンサーリンク

大相撲の土俵・女人禁制は差別では?

現代社会において、まだまだ女人禁制と言う言葉を聞くことが、度々ありますね!

 

お祭りなどでは、その風習が受け継がれていることが多いです!

 

そして、今回、相撲業界で、人命よりも女人禁制を優先したことで、改めてその必要性に迫られています。

 

女人禁制は、差別ではないのか?という声も多くがっています!

 

世間では、相撲の土俵が女人禁制となってことに対してどのような意見をもってるのでしょうか!

女人禁制に対する世間の反応は?

相撲の土俵が女人禁制というに対して、世間の方はどのように思ってるのか、意見をまとめました。

 

相撲をスポーツとか国技とか文化だと思うと実に難解だけど、差別と暴力と利権にまみれたカルトの興行だと考えれば、まああんなもんだろう。 にしても、土俵の女人禁制も人が倒れてる間くらい忘れてやれんのかな、アナウンスの行司。

 

「女人禁制」を掲げるものを「国技」とすることは女性差別・女性蔑視を肯定するということだ。

スポンサーリンク

 

女人禁制は伝統じゃなくて単なる差別。伝統だった切腹をもうしないのと同様に女人禁制も根絶させるべき。

 

「女人禁制」というのは単に女性差別にとどまらず「人命軽視」なんだな、と もし女医さんが土俵上で治療しようとしても追い返すわけですからね

相撲は国技だと言われています。

なのに、未だに女人禁制と言う差別は、平成になっても受け継がれていまます!

 

そもそも、女人禁制の歴史はいつから始めたのでしょうか?

相撲の土俵・女人禁制の歴史は明治時代からの理由

相撲の土俵の女人禁制という伝統は、これまでにも問題視されてきました。

 

女人禁制の歴史は、明治時代からと言われてる理由は、日本書記によりますと、室町時代や江戸時代には、女性が相撲を、取っていたと言う記述が残ってるそうです。

 

しかし、明治時代になると、そのような記録は一切なくて、近代化へ歴史が変わろうとしていたことが、要因なのかもしれませんが、女性が相撲から排除されたことことから、相撲の土俵の女人禁制が始まったと言われているようです。

まとめ

今回は、大相撲の土俵は、なぜ、女人禁制なのか?そしれ、差別ではなのかと、一般の意見などから見て参りました。

 

そして、相撲の土俵が女人禁制とされたのは、明治時代にとのことですが、なぜ、その様な伝統が出来たのかその理由についても見てきました。

 

今回の人命救助の為に、女性が土俵に上がったわけですが、それなに、女性は、降りてくださいなど、残念な発言だった思います。

その後、謝罪などはされはしましたが、その時々にあった臨機応変さが、足りないと感じます・・・

スポンサーリンク