2017年12月30日に、プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達で高橋洸選手が登場されます。

 

高校時代甲子園にも出場した、高橋洸選手は、18歳で夢を叶え巨人に入団しましたが、5年後の24歳という若さで、戦力外通告をされました。

昨年結婚したばかりの高橋洸選手と嫁さんとの間には、8ヶ月の子供さんがいます。高橋洸選手は、現役を続ける為に、トライアウトを受けますが、万が一結果がダメだた場合には、引退を言う噂もありました。

 

しかしあるチームが着目していました。

 

高橋洸選手に、注目していたチームとは、ソフトバンク!だったのでしょうか!

 

今回は、高橋洸選手が、受けたトライアウトの結果や引退するのか!それともソフトバンクへ入団するのか!そして嫁さんや子供さんをどう守って行くのかについて見て行きたいと思います。

スポンサーリンク
 

高橋洸選手トライアウトの結果とソフトバンク!

takahashi-kou

11月15日に行われた12球団合同のトライアウトでは、残念ながらNPB球団からのオファーは、ありませんでした。

 

高橋洸選手のことを調べて行くと、ソフトバンクと言うワードが出てきますので、てっきり高橋洸選手はソフトバンクに入団が決まったと、ばかり思っていましたが、実はそうではなかったようです。

 

ソフトバンクと高橋洸選手には、何か関係があるわけではないようです。

 

もしかしたら、高橋洸選手とソフトバンクの選手の誰かが似てるってだけの話だったのかもしれません!

 

高橋洸選手が受けたトライアウトは、結果的に残念なものとなってしまったみたいですが、実は高橋洸選手に注目していたある球団があったのです。

高橋洸選手現役か引退かの別れ道

高橋洸選手は、11月に行われトライアウトの際に、走力と脚力には自身を持って望みました。

 

そこが、セールスポイントだったみたいで、当日視察に来ていた、深谷組という起業の関係者の目に留まったわけです。

 

高橋洸選手にとっては、絶望的な結果となったトライアウトでしたが、野球選手としての現役を続けられるのなら、プロでも社会人チームでも構わなかったのでは、ないかと思います。

高橋洸選手が嫁や子供を守る選択肢

何と言っても、結婚したばかりの嫁さんと生まれたばかりの子供を守るためには、仕事をして収入を得なければならないのは言うまでもありません

スポンサーリンク

 

収入を得る先は見つかる!しかも野球をしながら・・・

 

こんな好条件は、二度とこないと思ったのでしょう。

 

takahashi-kou-yome 

高橋洸選手は、嫁さんに相談しましたが、断る理由はないと判断されたんでしょう。

 

来季から、深谷組で社会人野球でプレーする道を選びました。

高橋洸選手が入社する深谷組ってどんな会社

高橋洸選手が、来季から入社して、深谷組は、さいたま市にある企業のようです。

 

深谷組は、土木建設の専門とする企業です。

 

2015年に、硬式野球部をつくりまいしたので、高橋洸選手は、第1号となる元プロの選手となるわけです。

 

こうした取り組みは、今後戦力外通告を受けたプロ選手にとっては、大変ありがたいと思いますし、プロのような重圧のなかでプレーせずに、本当に好きな野球ができる環境と言う意味では、モデル的なシステムだと思います。

 

しかし、好きな野球ばかりができるわではありません!

 

高橋洸選手は、もちろん一般の社員と同じように、建築現場で、1日働き野球は、仕事の後の夜や週末の休みを利用してしかすることが、出来なくなります。

まとめ

今回は、高橋洸選手の事を調べるとソフトバンクとの言うチーム名が出てくることからどんな関係があるのか!もしかして、トライアウトの結果で、ソフトバンクに入団が決まったのかなと思ったのその真相を探りました。

 

そして、高橋洸選手が、トライアウトの結果が悪かった場合には、引退とう噂もありましたが、嫁や子供はどうやって守って行くの?という疑問もありました。

 

今回の内容をまとめます。

 

  • 高橋洸選手とソフトバンクの関係性は見られなかった。あるとすれば、誰かが、高橋洸選手とソフトバンクの誰かが似ているっていっただけのことかもしれない

 

  • 高橋洸選手は、引退はしない!1月1日から、社会人チームのある深谷組に就職して、一般の社員と同じように仕事をしながら野球は続ける

 

  • 就職が決まった事で、高橋洸選手は、嫁さんと子供を無事守る事ができるし好きな野球を続けることもできる

以上の内容が今回のまとめになります。

 

高橋洸選手がは、24歳と若いので、またトライアウトに挑戦することだってできると思います。

 

建設現場で働きながらは大変だと思いますが、嫁さんと子供の為に頑張って欲しいと思います。

 

スポンサーリンク