イギリスの車イス天才宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士が、ご自宅死去したという悲しいニュースが報じられまいた。

 

スティーブン・ホーキング博士は、1985年に筋委縮性側索硬化症(ALS)という病気が原因と戦いながら生きてきました。

 

スティーブン・ホーキング博士が亡くなられた原因は、筋委縮性側索硬化症(ALS)だったのでしょうか!

 

非常に残念なことですが、今回は、スティーブン・ホーキング博士が残した名言やノーベル賞などについて見ていたいと思います。

スポンサーリンク

スティーブンホーキング博士・死去の原因は病気?

スティーブンホーキング博士は、大学生時代に、体の筋肉が衰える難病と言われる筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発病しそれから、お亡くなりになるまで、車イスでの生活をよぎなくされしたが、研究を続けてきました。

 

スティーブンホーキング博士は、76歳!原因としては、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の悪化ではないかと思います。

 

スティーブンホーキング博士は、2013年に、肺炎により命が危ぶまれる状態になった時に、生命維持装置を付けられていました。

 

その時に、医師から生命維持装置を外して、安楽死を進めれたこともありますが、薬のおかげでなんとか、一命はとりとめたものの話すことができなくなってしました。

 

今回スティーブンホーキング博士が死去してしまった原因は、正確なところは報じられていません

 

スティーブンホーキング博士は、

 

人が死んだらコンピュターの電源をきった時のように、無になるだけ

 

あの世などは存在しない!

 

暗闇を恐れる人々が創った架空の世界だ!

 

といってました。

 

こんな言い方は、失礼ですが、スティーブンホーキング博士は、ご自分がお亡くなりになったことで、本当の事を知る事が出来たのかもしれません!

 

スティーブンホーキング博士の名言

スティーブンホーキング博士が、生涯をかけて私達に残してくれた様々な名言を見てみたいと思います。

 

すべてを、ご紹介するとスティーブンホーキング博士の名言は膨大になりますので、個人的にこれは印象に残ると思う名言に絞ってご紹介しておきます。

 

I regard the brain as a computer which will stop working when its components fail.There is no heaven or afterlife for broken down computers; that is a fairy story.

スティーブンホーキング博士が残してくれたこの名言の意味は、先程人が死んだら、無になるだけと言う内容のものです。

 

 

I try to lead as normal a life as possible, and not regret the things it prevents me from doing.

こちらの、スティーブンホーキング博士の名言は、人はできるに集中して悔やむ事はしてはならないと言われている内容のものです。

 

 

We should seek the greatest value of our action.

自らの行動の価値を知る為には、最大限の努力をしなければならない!と言う内容のスティーブンホーキング博士の名言!この名言が一番耳が痛いです。

 

スティーブンホーキング博士が残してくれた数々の名言の中から、個人的に、選んでご紹介をしましたが、何か印象に残るものは、ありましたか・・・

スティーブン・ホーキング博士はノーベル賞は貰えなかった!

スティーブンホーキング博士は、実はノーベル賞を貰うことができませんでした。

 

スティーブンホーキング博士は、「アダムズ賞」や「ハイネマン賞」と言った賞は受賞していますが、ノーベル賞だけは貰えていませんでした。

 

その理由としては、ノーベル賞を貰うには、実証する必要があるからです。

スポンサーリンク

 

スティーブンホーキング博士が提唱しているのは、宇宙論!

 

宇宙の始まりやブラックホールが蒸発すると言った仮説なので、実証するすることがとても困難なものでした。

このような理由から、スティーブンホーキング博士はノーベル賞を貰えなかったようです。

スティーブン・ホーキング博士の死を悲しむ人々の声

最後に、スティーブンホーキング博士が亡くなられた事が報じられて、世間の方々のお言葉を頂きたいと思います。

 

スティーブンホーキング博士の訃報を悲しむ方々からのお言葉でした。

ありがとうござした。

まとめ

今回は、お亡くなりなられた、イギリスの車いすの天才宇宙物理学者スティーブンホーキング博士・死去の原因は病気だったのかという内容から見て参りました。

 

そして、スティーブンホーキング博士が、私達に残してくれた数々の名言の中から、個人的に印象に残る名言をご紹介してきました。

 

最後にやスティーブンホーキング博士が、ノーベル賞を貰えなかった理由を見てきましたが、ノーベル賞を貰うのって、実証したものでなとダメのようです。

 

また、1人素晴らしい人物が、この世から居なくなり、世界中の方も悲しいと思いますが、スティーブンホーキング博士残してくれた名言を受け継ぎ伝えて上げましょう。

 

スティーブンホーキング博士のご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク