jkt48・総選挙2018辞退理由!ラマダンやレバランの意味とは?

JKT48

アイドルグループAKB48が6月16日に行う世界選抜総選挙に、インドなシアのJKT48が参加出来ずに辞退すると言うことです。

JKT48 が総選挙に参加出来ずの辞退する理由は、インドネシアが世界有数のイスラム教徒が多い国でもありラマダンと言う断食をしなければならないからです。

 

そこで疑問ですが、イスラム教徒で使うラマダンやレバランの意味とどんあ意味があるのでしょうか!

早速見て行きたいと思います。

jkt48・総選挙2018辞退理由!

JKT48が世界選抜総選挙に出場できない理由としては、インドネシアの国のほとんどの人が信仰しているイスラム教と言う宗教の影響によるものです。

まずは、JKT48が世界選抜に参加できずに、辞退する事で世間で、はどのように思ってるのか見てみましょう!

 

世間では、事務所の調整がなぜもっと早くできないのか!といったちょっとお怒りのご様子ですね!

それと同時に、最近決まった話ではないのかと疑う人もいるようですね1

 

このイスラム教徒にでてくる、私達には聞きならない言葉、ラマダンやレバランとは、どんな意味があるのか見てみましょう

ラマダンの意味とは?

ラマダンとは、約1ヶ月間日中の飲食を採らずに、神のみに感謝をする聖地メッカへの巡礼を行い、イスラム教徒では、「5行」の1つとして、義務とされているものです。

ラマダン 

ラマダンって約1ヶ月の間は、何も口に入れる事が出来ないと思っていましたが、日中だけなんですね!

 

なので、日没!つまり日が差さない夜は、食べたり飲んだりしても良いのです。

すべてのイスラム教徒が、ラマダンを行うわけではありません!

 

参加できない方を、説明すると、妊婦・授乳中の母親や重症患者そして、旅行者や貧困の子供などです。

 

JKT48のメンバー全員が、イスラム教徒なのかは、不明ですが、総選挙に参加しようと思えばできたかもしれませんが、そこはチームワーク!

 

メンバーの一人でも、何らかの事情でだれないのであれば、辞退するこもありではないかとも思います

レバランの意味とは?

次にレバランですが、1ヶ月の間日中は、何も口にいれる事ができないラマダンを行ってきたことで、約1週間は、休みとなります!

 

ラマダンが終わると、イスラム教徒の人たちは、画像のように、皆さんはまず、お祝いをされるそうです。

レバラン

 

その休みの期間の事がレバランと言います!

 

1週間の間は、ほとんどの人がお休みとなりますので、当然JKT48のメンバーや劇場!そして企業の活動なども休みとなるようです。

 

で、今回JKT48が総選挙2018年に参加しないで、辞退した最も大きな理由として「レバラン」の期間中に開催されるからなのです。

まとめ

今回は、jkt48が世界選抜総選挙2018を辞退した理由!インドネシアのイスラム教徒に関連する聞き慣れない言葉!ラマダンやレバランの意味とは何かについて見ていまいりました。

 

1ヶ月も、日中は何も食べたり飲んだりできないのは、ちょっとつらいですね!

要するにランチに行けないわけですから・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください