マツコの知らない世界に、文具ライターで知られる小日向京さんが、出演されます。

番組では、小日向京さんがお勧めする文字を書くのに、最適な鉛筆や鉛筆の削り方も紹介されると思います。

 

小日向京さんは、鉛筆の特別な拘りがあるようですが、いったいどんな鉛筆や鉛筆削りが登場するのでしょうか。

そして、文字に合わせた削り方とはどんな違いがあるでしょうか?

早速見て行きたいと思います。

スポンサーリンク
 

小日向京さんお勧め!文字に最適な鉛筆

マツコの知らない世界に出演される小日向京さんは、ご自身のTwitterでのプロフィールに、「つねひごろ文字を書いています」と言われてす。

 

もちろん小日向京さんが、文字を書かれるときは鉛筆を使ってると思いますし、文字を書くのに最適な鉛筆の事を、誰よりもよく知ってるのでしょう!

 

最近では、鉛筆を使ってる人をあまり見かけなくなりましたが、小日向京さんは、鉛筆に拘りをお持ちのようです。

 

鉛筆には、独特の匂いというものがあります。

 

マツコの知らない世界の番組名でも、マツコ・デラックスさんも懐かしいと思ってるようです。

 

マツコ・デラックスさんの年齡から考えると、子供の頃は、恐らくシャープペンシルよりも鉛筆の方が主流だったと思います。

 

鉛筆と言えば、六角形というイメージしかありませんが、最近の鉛筆は、いろいろと工夫されてるようです。

珍しい鉛筆を小日向京さんが、マツコの知らない世界の番組で、紹介してくれるでしょう!

 

小日向京さんは、マツコの知らない世界の中で紹介してくれる鉛筆に、北星鉛筆 の大人の鉛筆」を取り上げるのではないかと思ってます。

 

特徴としては、見た目は鉛筆ですが、実はシャープペンシルと言う点!

 

そして、シャープペンシルを使っていて、芯が折れるから嫌いだ!という方には、最適で北星鉛筆 の大人の鉛筆」は専用の太いを使用するようです。

スポンサーリンク

 

北星鉛筆

小日向京さんお勧め!鉛筆の削りとは

鉛筆と言えば、鉛筆削りですが、小日向京さんは、マツコの知らない世界のなかで、優れ物も鉛筆削りも紹介してくれるでしょう!

 

予告を見る限りでは、カール事務器 制の鉛筆削り「 エンゼル5 ロイヤル」ではないかと思います。

 

小日向京さんが言われるには、「鉛筆の削り口の形状が変われば、書き心地かわる」と言われてます。

 

そして、小日向京さんイチオシの鉛筆の削りが、「エンゼル5 ロイヤル」で、削った後の綺麗さが他の鉛筆の削りにはない!そうです

小日向京さんオススメの鉛筆けずりはこちら

小日向京さんってどんな人?

マツコの知らない世界に、出演される小日向京さんって、どんな方なのか見みましょう。

 

小日向京(こひなたきょう)さんは、1968年生まれで、東京のご出身です。

 

共立女子大学大学院文芸研究科修了の小日向京さんは、現在「文具ライター」として活躍をされてます。

動画のように、鉛筆の削り方や鉛筆にまつわるいろんな事を話してるトークショーなども開かれているようです。

小日向京さんは、「ひねもす文房具」とサイトで、いろんな珍しい文房具ののレビューや紹介もされています。

そして、著書も出版されているようです。

小日向京さん「考える鉛筆」

小日向京さんは、鉛筆へのこだわりが半端じゃないようです。

まとめ

今回は、マツコの知らない世界の「懐かしくて書きたくなる鉛筆の世界」で、文具ライターの小日向京さんがお勧めする鉛筆や鉛筆削りについて見てました。

 

文字に最適な鉛筆や削り方などは、じっくり小日向京さんが、番組で紹介しくれるでしょう!

 

スポンサーリンク