マツコの知らない世界!2018年1月23日の放送は、プラレールで作った架空の世界で疑似旅行をすると言う内容ですが、近年はVR映像を使った技術で、リアルな映像が楽しる時代になりました。

今回は、マツコの知らない世界でプラレールの世界で、紹介される全天球映像のとはなんなのか!そして、番組での撮影に協力した企業についてご紹介して行こうと思います。

スポンサーリンク
 

マツコの知らない世界!プラレールのの内容は!

今回、プラレール旅行の世界!では、プラレールをきっかけに結婚されたという永井夫妻が登場されます。

 

永井ご夫婦は、プラレールでできた架空の世界を、VRと言う特殊な撮影方法をつかってリアルな映像をマツコさんにも体験してもらうという内容です。

 

寒い冬でも外に出るのが億劫になちがちですが、この特別な撮影方法を使えば、プラレールで旅行気分を味わえるというわけです。

そして、今回のプラレールの映像!

 

全天球映像と言ってある企業が得意としてる撮影方法なのです。

プラレール全天球映像とは

今回のマツコの知らない世界でのプラレール映像は、株式会社コンセントと言う会社のコンセントの全天球映像作家「渡邊課」が撮影・映像収録に協力されています

 

撮影メンバーは、渡邊 徹(課長)・越後 龍一さん・山本 勲さん

株式会社コンセント

株式会社コンセントの渡邉課とは

株式会社コンセント内のラボラトリーチームとして発足された、実写VR映像制作を専門に活動するチームのことです。

 

今回は、プラルールを全天球映像を言う技術を使って撮影をされていまうすが、他にもテーマパークなどのアトラクション向け映像やWeb動画としてミュージックビデオやコンサート収録もされているそうです。

スポンサーリンク

 

最近流行りのドローンを使った空撮などもてがける、撮影のプロ集団と言ったところでしょうか!

youtube動画で全天球映像の迫力

株式会社コンセントが撮影した、全天球映像の動画をyoutubeで見つけました。

凄い迫力ですので、御覧ください

どちらかというと、大人の方がはまりそうです。

子供は、映像の迫力よろもプラレールの電車の方に興味が有るのかもしれませんね!

 

そして、ご自宅でもこのVR映像を楽してめるのが「VOX PLUS Gear+ 3DVRゴーグル」

 

ほとんどの4- 6.5インチのスマートフォンに適合できて、値段は2,000円以下

 

まとめ

今回は、マツコの知らない世界で、紹介されるプラレール世界で見られる全天球映像について、見てきました。

 

株式会社コンセントが撮影したyoutubeの動画はご覧頂けたでしょうか!

 

私もプラレールには、散々お金を使わされましたが、当時はVRなどを使った映像もありませんでした。

これなら、子供だけではなく大人も十分楽しめそうですね!

 

スポンサーリンク