8月4日はなぜ箸の日

割り箸の画像

 

8月4日の8と4(は・し)の語呂合わせで、箸の日と制定されました。

箸の日を制定したのは、わりばし組合

今でも、東京港区の日枝神社では、箸の供養や箸の感謝際と言ったものがあって、長さ1mもある箸を供え古い箸は燃やして供養するというお祭りです。

箸って古くなると、ゴミ箱へ捨てる人が多いとおもいますが、日本には、古くから長く使った箸には、魂が宿るという言い伝えがあります。

なので、お世話になったという思いも込めて供養することから箸の感謝祭があるようです。

箸はそれぞれ呼び名がある

箸は日本人の文化として、愛されていましが、箸には使う場面によって呼び名があり、来客などの時は慶事・弔事兼用の箸というものを使いますが、お祝い事の時には、晴れの箸と使います。

家庭など日常使われている箸はケの箸といいますが、晴れの箸とケの箸の両方を兼ね備えたものを割り箸と言います。

8月4日だけではなく11月11日も箸の日?

11月11日も実は、箸の日なんです。

8月4日の箸の日は、わりばし協会が制定したのに対し、11月11日は、「箸国際学術シンポジウム」が制定した箸の日です。

スポンサーリンク

国際学術シンポジウムは、日本・中国・韓国の専門学者により作られたものですが、1という数字が4つ縦に並んでいることから制定された日の様です。

因みに、中国や韓国などは、金属の箸を使っていますが、昔戦争をしてたと時の話で、木でできた箸はすぐに壊れてしまうと理由から金属制の箸を使うようになったともいわれています。

現代の箸の使われ方

日本で箸が使われるようになったのは、飛鳥時代や奈良時代からと言われています。

1945年以降は、アメリカ等から洋食文化が盛んになり、フォークやスプーンやナイフが多く使われるようになりした。

子供の頃、箸を使わずにスプーンやフォークを使った食事の取り方が多くなった事が要因なのかもしれませんが、お箸をちゃんと使えない大人も多く見かけるようになりました。

 

箸の持ち方
http://mamarina.jp/kosodate/chopsticksremeition.html

箸をちゃんと持てない人の原因はいくつかあります。

指の筋力不足や箸のサイズが合ってな等・・・

しかし一番の大きな原因は、箸の正しい持ち方を教えてもらっていないからです。

箸をもつために力は必要なりませので、コツを指の感覚でつかめると正しい箸の持ち方は、自然と身に付くものです。

まとめ

8月4日は箸の日

日本人の文化として、朝・昼・晩とお世話になっています。

箸の日を機会に、日頃は箸について感謝することなどないと思いますので、8月4日を期に考えてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク