8月6日は、太陽光発電の日です。

最近、どこのご家庭の屋根を見ても、ソーラーパネルを貼っているところが多いですね!

8と6という数字の語呂合わせから、太陽光発電の日の関係性は想像できませんが、実は意外な事実が隠れていました。

スポンサーリンク

8月6日がなぜ太陽光発電の日となったのか

太陽光発電

スポンサーリンク

太陽光発電の実験は、香川県仁尾待ちというところで行われていました。

 

1981年に「サンシャイン計画」と呼ばれていた実験で、1000kwという発電を記録した記念日として8月6日を太陽光発電の日としたわけです。

太陽光発電の日は、何の語呂合わせでもなく正真正銘の記念日ということになります。

太陽エネルギーは、現代社会で悩みの種となっているCo2 の削減に向けて大きく期待されるエネルギー開発の1つですが、太陽は、50億年くらいは輝き続けることができると言われていますので、太陽のエネルギーを何とか利用できないかと研究が開始されたのが、1955年の国際太陽エネルギー会議なのです。

 

1955年くらいことには、石油のような化石燃料を使い続けることで、地球の温暖化などの問題が生じることなど気にもされていなったはずです。

その為、太陽光発電に研究費用を投資するなんて「馬鹿げたこと」だと思われていたようです。

 

スポンサーリンク