キム・ジュヒョクの事故の原因は心筋梗塞という病気だったことが判明

事故

韓国俳優のキム・ジュヒョクさんが、2017年10月30日の午後4時頃交通事故で亡くなられました。原因は、キム・ジュヒョクさんの運転ミスではなく、病気が原因だったのです。

キム・ジュヒョクさんの事故は、韓国だけではなく日本のファンにとっても衝撃のこと!キム・ジュヒョクさんは、45歳でしたが、事故の原意となった病気について見ていきたいとおもいます。

 

キム・ジュヒョクの事故の原因

キム・ジュヒョクさんの事故の原因について、韓国にある建国大学病院は、キム・ジュヒョクさんがハンドル操作を誤ったのではなくて、先に「心筋梗塞」を発症したことが病院の医師による診断結果わかったようです。

キム・ジュヒョクの事故現場

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

 

キム・ジュヒョクさんが起こした事故現場は、凄まじい衝撃があったのでうはないかと思われるほど、マンションの壁は破壊されていました。

やはり、キム・ジュヒョクさんの運転ミスなどではなくて、「心筋梗塞」を起こし意識を失ってノーブレーキのまま壁に突っ込んでしまった可能性が高いと思われます。

キム・ジュヒョクの病気心筋梗塞ってどんな病気

キム・ジュヒョクが、事故直前に起こった心筋梗塞とは、心臓の血管が湯詰まる病気のことで、最悪の場合突然亡くなってしまうとても恐ろしい病気なのですが、キム・ジュヒョクは、事故を起こす直後に「心筋梗塞」に襲われそのまま意識を失い、マンションの壁に激突したのではないかと見られています。

キム・ジュヒョクさんが心筋梗塞と言う病気に襲われた原因

キム・ジュヒョクさんは、元々心臓に問題を抱えていたわけではなかったようです。

心筋梗塞とは、年齢を重ねると主に発祥する可能性が高くなる心臓の病気ですが、キム・ジュヒョクが、心筋梗塞に襲われた原因についてはいくつかのことが考えられられます。

  • キム・ジュヒョクさんの年齢との関係
  • 日頃からの食生活や喫煙
  • ストレス・運動不足

年齢的には、日本で集計したデータに基づくを、65歳以上の方が多くて、15歳~34歳までは少ないのですが、35歳を超えると急激に数が増えて来ます。

心筋梗塞と生活習慣病は、非常に密接な関わりがあって、日頃からの食生活や喫煙、そしてストレスや運動不足もキム・ジュヒョクが心筋梗塞を発祥した原因としても考えることが出来ます。

キム・ジュヒョクさんの事故は回避出来た

キム・ジュヒョクさんが、心筋梗塞を先に発症してしまい事故に繋がってしまいましたが、自己の時は、キム・ジュヒョクさん1人しか車に乗っていなかったことが、不幸中の幸いと思うかもしれませんが・・・

もし、キム・ジュヒョクさん横に誰かいたら、異変に気づき回避することも出来たのかもしれません。

まとめ

韓国の俳優、キム・ジュヒョクの交通事故で亡くなった言うことで、原因はキム・ジュヒョクのハンドル操作ミスだはなくて、事故の原因となったのは、心筋梗塞という心臓の血管が詰まる病気によるものだと言うことがわりました。

心筋梗塞は、私達にもいつ起こるかわからない病です。

生活習慣やストレスや運動不足を見直して、いつ起こるかわからない心筋梗塞を予防することにした方が良いのかもしれません。

今回の事故で、キム・ジュヒョクさんのファンの方は大変悲しい思いをされてあると思います。

心よりご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください