菅田将暉がプロボックサーに!階級とチャンピオンになれる可能性

Prizefighter

菅田将暉さんが、出演するボクシング映画『あゝ、荒野』の後編が2017年10月21日に公開さました。菅田将暉さんは、この映画の主役を演じる為に、ボクシングのトレーニングを始め12kgの体重を増やしそして、ムッキムになりました。菅田将暉さんは、同時プロを目指せるでけの実力が見について来ているとのことでもしかしたらプロボクサーに転向すつ可能性も0ではありません。今回は、菅田将暉さんがプロボクサーに転向したら、階級は何になるのか!そいてチャンピオンになれる可能性はあるのか推測してみたいと思います。

菅田将暉さんの映画でのプロボクサーを目指す役どころ

ボクシング映画「あゝ、荒野」での菅田将暉さんは、少年院あがりの新次と言う役で、あだ名が「バリカン」という(ヤン・イクチュン)と言う韓国出身の俳優さんと一緒にボクサーとしての道を歩んでいくと言う設定!

映画に出演するにあたって、菅田将暉さんにボクシングの指導をしたのが、松浦慎一さん

松浦真一さんは、ボクシングトレーナーであり、世界スーパーフェザー級のを誕生させる経歴をもった人なんです。

そんな、経歴を持つ人から菅田将暉さんは指導を受けているので正しいやり方で、半年でプロボクサーに引けを取らない成長をとげました。

菅田将暉さんの体の変化

見ての通り菅田将暉さんは、線が細くとてもプロボクサーとは全くといっていいほど縁が内容に見えます。

始めたころ菅田将暉は、30分の練習でも酸欠や皮膚が真っ青になってしまうチアノーゼと言う症状が多く見られてとてもボクシングなんてできる状態ではなかったそうです。

 

ボクシングの指導を受ける前の体重は、54kgほど・・・

軽るすぎ!!

 

しかし、松浦さんからの指導の元、ウエイトトレーニング・食事で体重を増加させ何度12kgもアップ!!

菅田将暉さんのボクシングセンス

菅田将暉さんは、実践練習を兼ねたスパーリングという練習を多く行ってきました。スパーリングの相手は、過去にボクシングのチャンピオン経験もある猛者たち

俳優ということで、元チャンピオンたちは、ある程度手加減をしていたはずですが、菅田将暉さんは、そんな元チャンピオンたちに、「本気で殴ってくれ」と言っていました。

本気で殴られると、最悪場合俳優としての活動に影響があるから本来ならば避けるべきところだと思いますが、本当のボクサーの気持ちを知る為に菅田将暉さんは、そこまでしてボクシングにのめり込んでいたのです。

菅田将暉のボクシングセンスと上達は、周囲の人を圧倒するほどになって来たようです。

世界戦などでレフリーをしている人からの評価は、「プロにボクサーになれる」と言う評価もしてもらっているようです。

菅田将暉さんは、プロにボクサーとしても通用するくらいの実力を身に着けてしまったのです。

プロボクサーの階級は

菅田将暉さんが、プロボクサーになった場合の階級はどうなるのでしょう。

プロボクシングには、体重により階級(クラス)があります。よって菅田将暉の現在の体重からすると・・・

ボクシングを始める前の体重約54kgとトレーングで増加した大樹約12kg

(54kg+12kg=66kg)

66kgで戦うことができるボクシングの階級は、ウエルター級かスーパーウェルター級ってことになりますが、菅田将暉さんの身長は、176cmとい言うことなので、ウエルター級になると思います。

菅田将暉さんがボクシングでチャンピオンになれる可能性

仮に、菅田将暉さんが、プロボクサーとなってウエルター級に参戦した場合、その階級で対戦相手を見てもかなりの猛者達が勢揃いしています。

このウエルター級では、日本人でチャンピオンになった人が一人もいないと・・・

菅田将暉さんがプロボクサーになりウエルター級でチャンピオンになれは日本人発!です。

まとめ

菅田将暉がプロボックサーに転向する可能性と、もしプロボクサーに菅田将暉さんがなった場合の階級やチャンピオンになれる可能性についていろいろと推測をしてきまいた。

菅田将暉さんの練習内容や周りからの評価を聞いていると、挑戦してみても大丈夫じゃないかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください