室井佑月・顔のむくみがボコボコでヤバイ?太った原因や膵臓の病気とは

小説家でもありタレントの室井佑月さんは、最近顔がボコボコになるくい太ったと言う声を耳にします。

 

室井佑月さんが、太った原因は、膵臓の病気だと言われているようですが、一体どのような病気なのでしょうか?

 

また、室井佑月さん顔は本当にボコボコになってしまったのでしょうか?

 

今回は、室井佑月さんの太った原因などについて見て行きたいと思います。

 

室井佑月さんは顔のむくみがボコボコに?

室井佑月さんが、顔がむくみがひどくボコボコだ!

なんて声を聞くようになりましたが、いつ頃から室井佑月さんの顔ってそんなにヤバイのでしょうか?

 

その辺りを年代を追って画像で、比較をして見ました。

 

まずは、2005年頃の室井佑月さんの画像

室井佑月 2005年ごろの顔の画像

この当時の年齢は35歳!

全然顔がむくんでいる感じはしませんが、

 

2010年頃の室井佑月さん!

室井佑月 201年頃の顔の画像

 

2012年頃の室井佑月さん

室井佑月 2012年頃の顔の画像

2015年頃の室井佑月さん!

このくらいから顔がむくみ始めたように見えます。

室井佑月 2015年頃の顔の画像

 

2016年頃の室井佑月さんは、少し細くなったように見えます!

室井佑月 2016年頃の顔の画像

室井佑月さんの顔がボコボコだと言われていた時期は、2017年頃だったようです。

 

 

 

そして、現在2018年の室井佑月さんは、こんな感じに戻っていました。

室井佑月 2018年頃の顔の画像

室井佑月さんが、顔のむくみがあると思わてるのは2015年頃でしょうか?

 

そして、室井佑月さんの顔がボコボコだと言われていたのは2017年頃のようですね・・・

 

確かに顔のむくみがひどかった時期や顔がボコボコだと言われて時期もあったようですが、現在は戻りつつあるようです。

 

室井佑月さんが太ったり顔のむくみ出したのは、病気が原因ではないかと言われていますが、調べてみると膵臓と脾臓(ひぞう)に問題があることがわかりました。

室井佑月さんが太った原因は膵臓の病気 ?

室井佑月さんが、太ったと言われ顔のむくみだした原因は、膵臓の病気ではないかと言うことですが、一体どんな病気だったのでしょう。

 

室井佑月さんは、2005年に膵臓に腫瘍が見つかり、膵臓の半分と脾臓(ひぞう)の全摘出手術をされています。

 

脾臓に病気を抱えると太るというわけではないようです。

 

室井佑月さんの場合は、脾臓を切除する手術を受けたことで、その後の合併症を発症してことが、太った原因ではないかと考えれます。

 

人の体から膵臓の一部と脾臓(ひぞう)が全部なくなってしまうと一体どんな影響があるのでしょうか!

膵臓を半分とってしまうと・・・

膵臓の手術は他の消化器外科手術と比べると、合併症が多い手術だと言われています。

 

そして、その合併症には、糖尿病が最も繋がりが深いそうです。

 

糖尿病になりやすいのは、膵臓が半分になってしまったことで、インスリンの量が減るからだとか・・・

 

糖尿病という厄介な病気なってしまうと、インスリンの量を増やす薬か、インスリンの効きを良くする薬のいずれかを使用する事になるそうです。

 

インスリンの効きが悪い患者さんに、インスリンの分泌を促す薬を投与すると肥満の原因にもなるそうです。

 

なので、室井佑月さんが、太ったと言われたり顔がむくみすぎてボコボコだと言われたのは、インスリンの分泌を促す薬の投薬と関係があるのではないでしょうか!

脾臓(ひぞう)を全部とってしまうと・・・

室井佑月さんのように、脾臓(ひぞう)を全摘出してしまうと、感染リスクが高くなるため、特にインフルエンザなどには気を配る必要があるようです。

 

脾臓には、肺炎球菌髄膜炎菌インフルエンザ菌といった特定の種類の細菌に対する防御の役割があるため、脾臓を摘出した場合は、感染リスクが特に高くなります。このようなリスクがあるため、これらの微生物の感染から体を守るためにワクチンを接種します。

 

このように、脾臓(ひぞう)全摘出してしまうと、細菌に対して気をつけなければならないのですが、室井佑月さんは、脾臓(ひぞう)よりも、膵臓が半分になってしまたことにより、糖尿病を発症されています。

 

糖尿病については、室井佑月さんご自身口から発表されていました。

まとめ

今回は、室井佑月さんの顔のむくみがボコボコだと言われてる事や太った原因や膵臓の病気とは?一体どのようなものなのか見てまいりました。

 

今回の内容をまとめます。

 

  • 室井佑月さん顔のむくみが激しかったのは、2015年ごろだと思われる

 

  • 室井佑月さんの顔がボコボコだと言われていたのは、2017頃!

 

  • 室井佑月さんが太ったと言われているのは、脾臓を半分摘出した事により、インスリンの分泌を促す薬の影響ではないかと思われる

 

  • 室井佑月さんは、膵臓だけでなく脾臓(ひぞう)と呼ばれる臓器を全摘出していた。
  •  

以上が今回のまとめとなります。

 

室井佑月さんは、テレビで見ると、本当にこの人は膵臓や脾臓を摘出する大手術を受けた人なのか?と思うくらい元気そうに見えます。

しかし病気と向き合いながらの生活は、大変だと思いますが、お体を打時事にされてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください