安室奈美恵と山下智久の不仲説はガセ?いつから言われた?PV共演の思い出話も

2018年9月16日引退をされる安室奈美恵さん。

前日のラストライブの山下智久(山p)さんが登場するなど、大変な盛り上がりだったようですね。

 

安室奈美恵さんと山下智久(山p)さんには、不仲説というものがあったようですが、今回のライブの共演でガセだった?という事も言われているようです。

 

安室奈美恵さんと山下智久(山p)さんは、いつごろ不仲になっしまったのかまた、不仲説が噂されるようになったきっかけなども気なります。

 

そして、安室奈美恵さんと山下智久さんはPVでも共演されてるようですが、どんなPVなのでしょうか。

 

早速見ていきましょう。

 

安室奈美恵さんと山下智久(山p)さんの不仲説はガセ?

安室奈美恵さんと、山下智久さんには不仲説がだいぶ前からあったようです。

 

しかし、2018年9月15日に安室奈美恵さんの引退前日のラストライブでは、山下智久さんが登場し不仲説はガセだったという事が証明されたのではないでしょうか。

 

一般の方も安室奈美恵さんと山下智久さんの不仲説は、ガセだったということを最後に証明できて、とても安心して最後のライブを見ることができたみたいですね。

 

 

 

安室奈美恵さんと山下智久(山p)が不仲説はいつから言われた?

安室奈美恵さんと山下智久さんの不仲説には、本人同士の問題と所属する事務所同士の問題の2つあるようです。

 

いつ頃から、不仲だと言われうようになったのかとい言う時期は主に、2011年のようです。

安室奈美恵さんのコラボアルバムでの事件が不仲に?

安室奈美恵さんと山下智久さんの不仲説が流れ出したのは、2011年4月27日に発売された安室さんの「ベストコラボレーションアルバムCheckmate!」での共演した時の出来事でした。

 

山下智久さんは、「UNUSUAL」という曲で参加してるのですが、安室奈美恵さんのテンポについていけなかった山下智久さんは、NGを連発していたそうです。

 

初めは、安室奈美恵さんも苦笑いしながらやり直しをしていました。

 

しかし、山下智久さんはテンポが合わないのは、自分ではなく安室奈美恵さんの方だと思っていたようで、「じゃあ、オレ、安室さんに合わせますよ」と半笑いで言ったモノだからさぁ大変!!

 

安室奈美恵さんは、その後パタリと口を開かなくなり、淡々とダンスを踊る続け、現場は嫌なムードだったとある週刊誌が報じていました。

 

この不仲説の発端となった話について、別の報じられ方がありました。

 

女性自身は「合わせられなくてすいません」と安室奈美恵さんに謝ったと報じていたそうです。

 

このように、安室奈美恵さんと山下智久さんが、不仲になったというよりも、安室奈美恵さんが一方的に山下智久さんことを嫌ったと言ったほうがただしのかもしれません。

しかし、誤ったと言う話もあるなら、2人の不仲説は本当だったのか疑問が残りますね。

 

その後、安室奈美恵さんがアルバムのPRをする目的で、何本か歌番組への出演が決まっていましたが、震災を理由にすべてキャンセルされたそうです。

 

しかし表向きは、震災の為に自粛したように言われていますが、本当は撮影時の事を引きずっていていたとも言われていますし、安室奈美恵さんが周囲に対して『ああいうタイプは苦手』と山下智久さんの事を嫌っているように話したと言われています。

 

次に、不仲だと言われるようにあったのは、安室奈美恵さんの所属事務所「ヴィジョンファクトリー」と、山下智久さんの「ジャニーズ事務所」は、昔から犬猿の仲だと言う噂からもあるようです。

安室奈美恵さんと山下智久さんの所属事務所同士が犬猿の仲だからという説

安室奈美恵さんと、山下智久さんのお互いの事務所に所属するタレントの人気争い関係があって犬猿の仲だと言うことから、不仲だと言われるようになった説です。

 

山下智久さんが所属する「ジャニーズ事務所」は、安室奈美恵さんの事務所「ヴィジョンファクトリー」に所属するDA PUMPやw-inds.を潰しにかかっていたらしいのです。

ドラマの主題歌について揉めたことが不仲に繋がった説

2011年7月11日から放送された、フジテレビ系の月9ドラマ『全開ガール』の主題歌の選択をする時にも、安室奈美恵さんと山下智久さんの事務所間で、もめたと言われています。

 

全開ガールの主題歌は、安室奈美恵さんに決まっていたのですが、ジャニーズ事務所がそれに対して反対をしたそうです。

 

なぜかというと、全開ガールの準主役が、関ジャニ∞のメンバー錦戸亮さんであることから、ジャニーズ事務所に発言権を主張してきたため、安室奈美恵さんの主題歌の話が消えたとも言われています。

 

しかし、この話もよくわからない点があって、結局主題歌はEvery Little Thing「アイガアル」が担当しています。

 

折り合いが付かなかったのかどうかはわかりませんが、最終的に主題歌を歌うことになったのが、ジャニーズでもなければ、安室奈美恵さんでもなかったところを見ると、ガセじゃないかと思ってししまいます。

エンディングだけは、関ジャニ∞が歌っていたいようですけど・・・

 

芸能界に潜む闇の部分は、一般人にはわからないところですが、事務所同士のいざこざで、2人が不仲になる必要があるのでしょうか?

 

意外とマスコミが盛った?

 

っと言うことも事も考えられますね。

安室奈美恵さんと山下智久さんの不仲説はガセだった?

安室奈美恵さんと山下智久さんが不仲だと言う説は、ガセだっと立証できるような出来事があります。

 

それは、安室奈美恵さんが引退される2018年9月16日の前日の前夜祭のラストライブに、なんと不仲だと言われていた山下智久さんが登場してるではありませんか!!

 

この出来事がきっかけで、不仲説はガセだったんでは?

っと言うことが一気に広がりました。

 

山下智久さん!安室奈美恵さんとPVで共演の思い出を語る

山下智久さんが、安室奈美恵さんとPVで共演した時の思い出をラジオ番組で語っています。

 

とても不仲だったようには思えませんが・・

 

安室奈美恵さんと山下智久さんが共演した「UNUSUAL」のPV動画です。

 

 

このPV見てもそうだし、ラジオで山下智久さんが言ってる思い出や引退前のラストライブのことから考えて見ても、2人の不仲説ってやっぱりガセだったのかな~と思ってしまいます。

 

最後に

安室奈美恵さんは、引退前に山下智久さんとの不仲説と振り払ってくれて、どちらのファンも本当に嬉しかったのではないでしょうか。

 

この、不仲説はやっぱりガセだったということで、良いのだと個人的にはそう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください