シャボン玉ブラザーズの杉山兄弟って誰?年収1億円を稼ぐ達人の秘密

Soap bubble

シャボン玉は、子供の頃よく遊んでいませんでいたか?

どんな世界にでもプロフェッショナルは、いるもので、シャボン玉を歴50年という経歴をもつのシャボン玉ブラザーズを言うシャボン玉職人がいます。

シャボン玉ブラザーズこと杉山兄弟は、年収1億も稼ぐショボン玉界の「神」とも崇められています。

今回は「シャボン玉ブラザーズ」杉山兄弟が、年収1億を稼ぎ出す秘密についてまとめて行きたいと思います。

 

シャボン玉ブラザーズの杉山兄弟って誰?

シャボン玉ブラザーズの杉山兄弟って誰ということで、まず簡単にお二人の経歴について触れて行きます。

杉山兄弟の「兄」杉山弘之さんと弟」杉山照之さん

杉山兄弟は、神奈川県のご出身で、幼い頃からシャボン玉が好きでした。

初めてのシャボン玉は、杉山兄弟のおじいさんが作ってくれたシャボン玉!

それが、とても綺麗だったそうです。

 

シャボン玉の魅力に取りつかれた杉山兄弟は、シャボン玉の研究に没頭する日々が続きます。

そして、杉山兄弟の努力が実り、ショボン玉で世界新記録を達成するします。

その後、杉山兄弟は、シャボン玉でしか表すことが出来ない、シャボン玉アートやショーなど世界でも大変めずらしいアーティストとなり、2人の事を「シャボン玉ブラザーズ」と呼ぶようにました。

杉山兄弟がギネス記録に登録されたシャボン玉

杉山兄弟が作ったシャボン玉は、1983年にギネス記録にも登録されましたが、その大きさなんと直径2メートル!

ギネス認定書(画像提供:杉山プロモーション)

ギネス記録に登録されてからも、シャボン玉ブラザーズこと杉山兄弟は、研究を続け幾何学模様をした物や大量に、シャボン玉をつくるマシーンなども開発して、今ではいろんなイベントなどからひっぱりダコ!

そうなると、やらしい話ですが、稼ぎもあるんじゃないかと・・・

シャボン玉ブラザーズが年収1億を稼ぎ出す秘密

「シャボン玉ブラザーズ」の杉山兄弟が作り出すシャボン玉は、子供会のような小さな場所から、アイドルのコンサートでも使われています。

メジャーなところでは、人気グループの「嵐」のコンサートでも「シャボン玉ブラザーズ」のシャボン玉は、使われているそうです。

そんなひっぱりダコの「シャボン玉ブラザーズ」が1億稼げる理由にも納得できますね!

シャボン玉ブラザーズは、シャボン玉の本も出していた

杉山兄弟は、シャボン玉に関する本も出版しています。

度々お金の話を持ち出しやらしいですが、これも、1億稼ぐ手段の1つなのでしょう。

本の内容は、シャボン玉は、ストローだけを使って遊ぶものではないとい事を多くの人に知っても為に、台所にある物や身近にある物を使って大きなシャボン玉るアイデアを凝縮した内容です。

◆◆杉山きょうだいのしゃぼんだまとあそぼう / 杉山弘之/文と構成 杉山輝行/文と構成 / 福音館書店

まとめ

今夏は、「シャボン玉ブラザーズ」の杉山兄弟って誰と言うことや年収1億円を稼ぐシャボン玉界の達人の秘密についてみてきました。

まず驚きなのが、シャボン玉歴が50年!という点です。

よほど好きではないと50年も続けることはできませんよ!

そして、シャボン玉ブラザーズの年収1億には、「嵐」を始めとする人気グループなどのステージを盛り上げる縁の下としても活躍されているからなのでしょうね!

これからは、コンサートなどで、シャボン玉が登場したら、もしかしたら「シャボン玉ブラザーズ」の杉山兄弟が作ったシャボン玉かもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください