滝沢秀明・なぜ後継者に?理由はジャニー社長の病気で引退の可能性は?

タッキー&翼が2018年9月10日を持って解散し滝沢秀明さん(タッキー)は、ジャニー喜多川社長の意志を継ぎプロディース業に専念されるということです。

 

そこで疑問なのが、ジャニーズ事務所にはたくさんの先輩がいるのに、なぜ滝沢秀明(タッキー)が後継者に指名されたのかと言うことですが、噂によるとジャニー喜多川社長の病気が理由としてあるのではないかとも言われています。

 

今回は、タッキー&翼を解散して滝沢秀明さんが、プロディース業に専念する為にジャニー喜多川社長から指名をされた理由のなどについて見て行きたいと思います。

 

滝沢秀明さん、なぜジャニー社長の後継者に指名された?

滝沢秀明さん(タッキー)は、13歳でジャニーズ事務所に入所しています。

 

今では、嵐や関ジャニ∞ジャニーズJr.などのリーダー格とも言える存在であり、後輩からの信頼も厚いそうです。

 

滝沢秀明さん(タッキー)は、2010年ごろから【滝沢歌舞伎座】の演出を手がけたり、後輩部員を売り込む営業的な事も手がけたりとプロディーサー的な事をやっていて、業界からはジャニー喜多川社長のDNAを受けついでいると言われています。

 

滝沢秀明さんの実力や評判は3つの事実として挙げられます。

 

  • 後輩からの信頼
  • 自身の歌舞伎座の演出
  • 後輩の売り込み

 

これだけの実力があるし、滝沢秀明さんもいつかは育成する側の仕事をやってみたと言っていたそうなので、それに答える形で今回ジャニー喜多川社長の後継者として、指名されたのでしょうか。

 

タッキー&翼と、プロディーサーを兼任でやれば良いのでは?っと言う思うかもしれまん。

 

しかし、ジャニーズの中でも滝沢秀明さんは自分に厳しい人間だということで知られていますから、両立と言った中途半端なことはしないで、あっさり芸能界の現役引退するだろと周りは思っていたそうです。

 

 

一般社会でも、ずっと同じポジションにいないで将来のことを考える時ってあると思います。

 

サラリーマンの世界ではよくある話で、現場職から営業に変わったりすると今まで見えなかった事が見れて来たり、気にもしなかった事に関心をもったりすることだってあります。

 

成長意欲のある人だったら、ずっと同じ場所にいることを疑問に感じることだったあると思います。

 

それと同じように、滝沢秀明さんはずっと現役プレイヤーでいるよりも、新しいことに挑戦して将来の夢を描けてるってことではないでしょうか。

 

だから、ジャニー喜多川社長も滝沢秀明さんが後継者とて十分と判断したのかもしれませんね。

理由はジャニー社長の病気

今回、ジャニー喜多川さんが滝沢秀明さんを後継者として選んだのは病気のことも関係しているのではっと言う噂もあるようです。

ジャニー喜多川さんの年齢は、86歳。

 

5年前くらいから、車椅子を使用しているような噂もあったようですが、信憑性はありませんのであくまで噂レベルの話かもしれません。

 

SMAPが解散するか、しないか騒がれている時に「老衰で入院していた」と答えていましたが、老衰って入院しなければならないのでしょうか?

 

老衰って病気の部類に入るのかはわかりませんが、80代ともなれば、衰えはあってもしかたないのかもしれません。

 

キンプリの全国ツアーの稽古場のリハーサルでは氷まくらを首に巻き見守っていた事があったそうですが、多少具合が悪いくらいでは休んだりしない。

 

それが、ジャニー喜多川さんが部員のことを常に思ってる証拠なのでしょう。

 

現代の若者と違って高齢の方々は、車社会ではなかった時代を生きてこられたし、食べ物だってカロリーの高いモノをあまり口にしてないはずです。

 

ですから、高齢者の語って、健康で足腰の強い方が多いと思います。

 

だから、ジャニー喜多川さんもきっと足腰は強から車椅子など必要ないし、病気っていうほどの病気になっていないとももいます。

 

そして、ジャニー喜多川さんは、大勢の部員を抱えている社長です。

 

健康でいなければならないってことは人から言われなくたってわかってるはずですから、病気にならないように人一倍努力されてるはずだと思います。

ジャニー喜多川社長の引退の可能性は?

社長は、所属するタレントたちに対して、アドバイスをしたり、困った時に直談判にきたときでも相談に乗ってくれる父親のような存在だそうです。

 

一般的な会社員だったら、社長に対して直談判するなんて中々勇気がいることだと思います。

 

しかし、ジャニー喜多川社長は、社長と社員との壁のようなものを取り除き、相談しやすい関係を築いてきた方・

 

そんなジャニー喜多川社長も、今回、滝沢秀明さんを後継者に指名したことによって、社長の座を退き引退という形をとるのか、会長になるかどちらかだろうと思いました。

 

しかし、滝沢秀明さんは現段階では社長職を継承はしないで、ジャニー喜多川さんをサポートしつつノウハウを学ぶそうです。

最後に

滝沢秀明さんが、今回ジャニー喜多川社長の後継者に指名されたといっても、喜んでばかりはいられないでしょう。

 

副社長や先輩だっているし・・・

滝沢秀明さんには、たくさんの試練がまってると思いますが、自身の成長のためこらから頑張って欲しいと願っています。

 

そして、数年後の滝沢秀明さんがどんな変貌を遂げるのか、楽しみにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください