2017年夏のクールビズのトレンドは「エレガント」

2017年クールビズ

クールビズと言えばネクタイなしというイメージしか浮かばない私は、普段からネクタイなんかしない、作業服というスーツをまとっています。

半袖でのシャツやポロシャツに、スラックスを着た営業マン何かを見ると為には着てみたいなーなんて思っている私ですが、そんな日の為に今年トレンドのクールビズのに着目してみました。

クールビズは、年々楽なStyleが手番になってきたようですが、昨年ごろから「フォーマル回帰」の傾向がみられてるようになったそうなので、2017年の夏は「エレガント」なクールビズが流るとみている方もいます。

30代~のお腹やお尻周りが気になり貫禄が出始める年ごろの男子は必見です。

エレガントって一体どういう意味?

形容詞であり一般的に、エレガントな人と言いう使い方が正しいのですが、意味は、上品である様ということです。

因みに、似た言葉でエレガンスと言いうものがありますが、簡単にいうと内面の上品さだという意味

エレガントは外見でエレガンスが内面という意味で使われることが多いです。

エレガントが似合う年代は

30代~40代、いや50代、60代もっとかもしれません

人生経験が豊富で、貫禄のあるひと!

それから落ち着いたひとならエレガントという言葉が似あうのかもしれません

クールビズがあたりまえになるまでは

2005年環境省がから始またクールビズ

それまでは、くっそ厚い夏でもネクタイを締めて働くのが当たりまえだったので、半袖シャツにノーネクタイでスラックスを見た時は何だかだらしなさを感じました。

そして、仕事なめてんのか!

と思った方も多いと思いますが、今考えてみるとただのやせ我慢だったのではないでしょうか?

そして見てる方も暑苦しさを感じていたことも事実で、今では夏は当然のスタイルになっています。

自らをエレガント化し出来るビジネスマンに見せるには

今では、クールビズは世間に溶け込んでいますので、普段は作業着スーツとしか縁のない私には、皆同じに見えてしまいます。

なので、どうやって見た目で差をつけるか!できる男に見せるのか!となった時はその年代にしか出ない雰囲気を、だすことがいいのではないかと思っています。

へんに若作りをしても、周りから「頭おかしいんじゃない」と思われるだけですので自分にしか出ない「味」をだした方が必ずいい意味で注目されます。

30代~40代ともなると、いろんなところで社会にもまれ鍛われて行きます。そしてどんと構えるような落ち着きが出てきます。

そんな年代ならエレガントさを出す方が一目置かれると思います。

 

そして、ひょろ細いよりもお腹も多少、お尻付近も多少ボリュームがあった方がよりエレガントさは引き立ちます。

恐らくモテるんじゃないかと・・・

お腹周りが気なるなら

「ジレ」というものをアイテムを利用することで、お腹周りをすっきりと見せることができます。

「ジレ」とは、フランス語でベストというそうですが、このジレを選ぶさいのポイントとしては、体にフィットするものを選んだ方がより効果的です。

まとめ

2017年のクールビズは、「エレガント」なクールビズがトレンドだということで、書いてまいりましたがどうだったでしょう。

私は、普段作業着スーツなのですが仕事に着る服が、おしゃれなんてあこがれてます。

今年の夏は違った例年とちがったクールビズを見る事が出来るでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください