NHKの受信料のお悩み!契約解約できる条件と解除方法とは

NHK契約解除

NHKの受信料・・・

私が、10年間NHKの受信料を払っていませんが、まず契約すらしてなかったことが背景にあるからだと思います。

見てもしないのに支払いをさせられることに、正直合法的なや〇ざですよまったく・・・

NHKとの受信契約をしていない場合の対策は簡単なのですが、一度契約をしてしまった場合、NHKと契約を解除するのは容易ではないので、今回の一番のお悩みどころでもある「NHKとの契約を解除する方法」について解説していきたいと思います。

NHK受信料の契約を解約できる条件

要は、NHKを見れないのが条件となりますので、その方法とは受信機となるテレビ自体がなければいい話なのです。

そこを考えると、NHKとの契約を解除するには、タイミングが重要となります。

 

NHKの契約解除はテレビの買い替えの時がチャンス

NHKの受信料の契約に来た時には、よくテレビを「いったん隠せ」「預けろ」「車に保管しておけ」とか言われますが、常識的に考えても今の時代よほどの事情がない限り多くの家庭にはテレビくらいあります。

NHKの集金人に、支払を拒むのは単なる言い訳としかとられませんので、NHKを受診できるテレビを持たないというのは、説得力がないと思います。

そこで買い替えの時期を狙います。

 

 

テレビなどを買い替える時は、ほとんどの人が廃棄にするはずですが、テレビを廃棄するには、家電リサイクル法というものがありますので、適切な処分が必要です。

ですので、リサイクル券というものを必ず発行しなければ、テレビを処分することは、出来ません。

そのリサイクル券を、NHKを受信するものがなくなったからという証明に利用します。

 

理由は、買い替えたというと意味がありませんので、出張が多くて故障してたのし見る機会がないから・・・などでもが常識的に考えても一番効果がああると思います。

引っ越しの時は、実家へ住所を移設する

住所へ変更はインターネットからでも可能です。

放送受信料住所変更のお手続きから行うことが出来ます。

実家が、NHKの受信契約をしている場合は、2重にする必要はありませんので、一本化という方法を一度とることで、現在のNHKとの契約を解除することが出来ます。

世帯同居の手続きを行う場合には「転居元(旧住所)」のひとが手続きをするようになっています。

NHKの受信料を支払わない簡単な方法

冒頭にも書いていますが、私は10年間NHKの受信料なんて払ったことがありませんその方法と多対策についても書いておきますので、今後ご参考に・・・

簡単です。

訪ねてきても出ない!

これが一番効果的です。

NHKの集金人に限ったことではありませんが、宅配業者や来客するの予定がある場合には、事前アポをとっていない相手に対しては、すべてシャットアウトを徹底します。

便利なものを持ってるじゃありませんか!

私もインタネットで物を購入したり友人や身内の出入りもあります。

あなたは、スマートフォンや携帯電話をもっているでしょう!

そして、玄関のインターホンにカメラをつけていますか?

NHK受信料を支払わないのには、まず相手に会わない!

これば第一段階で必要となりますので、訪問者に対したは、事前約束をしておきましょう。

運送会社からの配達予定がある場合

インターネットショッピングなどを利用して場合には、時間指定で必ずお願いすることです。

仕事の都合もあると思いますが、朝一番や夜間の一番遅い時間帯が良いと思います。

センター止という方法を使うという手もあります。

友人や親戚の来宅がある場合

自宅付近に到着した時に、lineか電話などをもらうようにしておくと良いです。

それが難しいといいうならたずねて来る時は、必ず約束と来る時間を確認しておきましょう。

私の近所の人たちを見ていると、訪問してくるひとすべてに応対している方が多いです。

これは単に、NHK対策というだけではありません。

防犯面や勧誘を、回避する為の目的もあります。

そして、突然訪れてくるようなセールスやNHKの集金人にはある特徴があります。

それを、インターホンのカメラで、見抜く力を養う事です。

「あっ!これはセールスかNHKかどちらかだな」という判断が容易に付きます。

 

NHKの受信料を払わない一番の対策は、集金人に会わない!

これがます第一に行う事です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

NHKの受信料解約の方法について、買い替えの時期と引っ越しの時期が最適であると私は思います。

受診するのもがなくなったと言いう証明には、家電リサイクル券が、大きな効果を発揮するはずです。なぜなら、法律があるからそれを一般の人が守った証拠だからです。

NHKがなんだかんだ理由をつけて解除に応じないなら、私たち一般人もシステムを利用して行くしかないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください