2018年9月6日午前3時8分ごろ 、北海道の胆振地方で震度6強の地震が発生しまいしたが、北海道の人は大丈夫なのでしょうか?

 

離れて暮らしてるご家族などいらしゃるととても心配だと思います。

なので、現在わかってる範囲での被害状況などをまとめました。

スポンサーリンク
 

北海道で震度6強の地震の被害やの状況まとめ

北海道で、2018年9月6日に震度6強もある地震が発生しましたが、現在でも余震などが続いているようです。

 

北海道は大丈夫?という声もたくさん上がっているようです。

また、北海道のひとからの現在の声もまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 

今回の地震の震源地は、胆振地方中東部(北緯42.7度、東経142.0度)で、震源の深さが約40km、地震の規模がM6.7とすすいていされています。

 

震度6強が観測された地域は、北海道の安平町早来北進や安平町追分柏が丘

それから、新千歳空港です。

 

津波の心配はないそうですが、建物が崩壊し、人がとじこめられている場所や火災が発生してるところもあります。

北海道電力からの情報

午前6時現在でのじょうほうですが、北海道内の295万戸「すべて」が停電しているそうです。

 

厚真にある発電所のダメージのせいで、北海道は停電が続いているそうですが、今のところ復旧の見込みがないとのことです。

 

今後は、水力発電で発電し、火力に電気を送って発電再開する予定になってるようでうすが、具体的にいつになるのかはわかっていません

 

スポンサーリンク