紫外線で目が痛い時や頭痛がするとき!サングラスの効果や対処方法は

紫外線 日傘サングラスの画像

暖かくなってくるにつれて、日傘やアームカバーなどで紫外線対策をしている姿をよく見かけますね。

 

しかし、紫外線は肌だけでなく「目」にもしっかり入ってきているという事をご存知でしょうか?

 

長時間、強い紫外線を浴びると目が痛くなったり、頭痛がしたりすることがありますよね・

 

今回はそんな目からの紫外線を防いでくれる「サングラス」の効果や、紫外線で目が痛い時、頭痛がするときの対処方法を紹介していきます。

 

紫外線で目が痛い時の対処方法は?

紫外線で目が痛いときは「冷やす」ことと「目薬」が重要です。

 

  • 冷やす

日焼けをすると肌が痛くなりませんか?それと同じように目が痛くなるのは、目が日焼けをしているからです。

 

【メール便】冷蔵庫で冷やす保冷剤なんてもう古いNASA採用の科学素材で半永久的な冷却作用◆サーモクールアイピロー[コジット]アイピロー 目 疲れ アイマスク 【RCP】

まずは冷たいタオルなどでしっかり冷やしましょう。

 

  • 目薬を差す

普通の目薬ではなく「紫外線による炎症・充血に」と書かれている目薬がベストです。

【第2類医薬品】[ロート製薬]ロートUVキュア 10mL/目薬/紫外線による炎症・充血

目薬を差して様子を見て、収まるようなら良いですが、あまりにも痛みや充血が続くようなら眼科の受診をオススメします。

 

紫外線で頭痛がするときの対処方法は?

紫外線で頭痛が引き起こされたときは「日陰へ避難する」「冷やす」ことが重要です。

 

予防として帽子を被るなどがありますが、もし頭痛が起きた場合の対処方を紹介します。

 

  • 日陰へ避難する

頭痛がしたら、日光や紫外線を避けるためにも日陰へ素早く避難しましょう。

出来ればリラックスできる場所が望ましいです。

 

  • 冷やす

目の痛みと同じように痛む箇所を冷やしたタオルや冷却シートで冷やします。

 

頭痛がする場合、日射病などの可能性もあるのでめまいや吐き気が強いようであれば早急に病院へ行きましょう。

紫外線で目が痛いときはサングラクスが効果的?

紫外線で目が痛いときにサングラスは大変効果的です。

 

目にはもともと紫外線から目を守る力がありますが、長時間の紫外線には耐えられません。

 

そんなときに活躍してくれるのが、サングラスです。

 

ただ、このサングラスを選ぶときには、UVカット加工がされて、薄いレンズは薄い色のものがポイントです。

 

濃い色の方が紫外線から守ってくれそうですが、むしろ瞳孔が開いて紫外線を吸収してしまい逆効果となります。

 

必ず薄い色のレンズにしましょう。

 

サングラクスの効果とは?

 

サングラスには他にも、ドライアイの原因にもなる風や、ほこり、ちりなどのゴミからも大切な眼球を守る役割を果たしてくれます。

 

最近は雑貨屋さんなどで、女性用の可愛いデザインなども販売されているので、この機会にお店で1つサングラスを購入しては?

まとめ

今回は目からの紫外線を防いでくれる「サングラス」の効果や、紫外線で目が痛い時、頭痛がするときの対処方法を紹介しました。

・紫外線で目が痛いときは「冷やす」「目薬を差す」

 

・紫外線で頭痛がするときは「日陰へ避難する」「冷やす」

 

・サングラスは紫外線から目を守ってくれる効果がある。

 

以上です。

 

今回の対処法は簡単なものばかりなので、痛みが起こった際にはぜひ参考にしてください。

 

また、紫外線は目だけでなく皮膚に悪影響を及ぼすこともあります。

 

せっかくの楽しい夏、紫外線予防をしっかり行って楽しく過ごしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください