あいみょんのギターのメーカーや値段は?曲で使ってるコードは簡単?

あいみょん Guitar

話題のシンガソングライター「あいみょん」が使っているギターですが、国産メーカーなのか、海外のメーカーなのか気になる方もいると思いまし、市販されているギターなのでしょうか。

 

また、「あいみょん」のギター値段はもちろん高額なのもだと思われますが、いったいいくらくらいするギターなのかも気になりますね。

それから、「あいみょん」はギターを引きながら歌っていますが、コードは簡単なのでしょうか?

早速、見て行きたいと思います。

「あいみょん」が使ってるギターのメーカーは?

「あいみょん」が使用してるギターのブランド名は「History」で、型式がNT-301です。

 

この、Historyというギターのメーカーですが、日本の楽器屋さんとして有名な「島村楽器」のオリジナルブランド。

といっても、実施に作ってるのは、フジケンというギターメーカーです。

 

フジケンは「フェンダージャパン」というギターを作るメーカーとしても有名ですし、フジケン製と言うところにこだわる人もいるくらいですから、ギターの品質的にはとても良いものを作るメーカーだと思います。

 

こちらの画像が「あいみょん」のギター「HistoryNT-301」の当時販売されていたカタログになります。

あんみょんのギター ブランド

 

2008年ごろから製造されたのNT-301は、市販用のギターとして2011年くらいまで販売されていたようです。

 

「あいみょん」がHistoryというブランドのギターと出会ったきっかけが、有名な島村楽器へ足を運んだ時にことで、レコーディングの話しが来た時に、ちゃんとした一生モノのギターを買おうと思ったからだそうです。

 

本格的に音楽の活動を始めるようになって、「初めてのレコーディングをする。」と当時のマネージャーさんに言われた時に、何故か持ってるギターの事が大丈夫かな?ちゃんといい音出るかな?と不安になり。 この際一生付き合っていけるようなギターをレコーディングの前に探しに行こう!と思って島村楽器さんに行きました。
その時に店員さんが1番にオススメして下さったのがHISTORYのアコギで、試し弾きさせてもらった時、一瞬で音に一目惚れ。アンプに繋いだ時と生音の差があまりなくフォルムもスマートで、他のギターに触れることなく即決でした。(NT-301)
それと、個人的にHISTORYというブランド名がかっこよくて好きです。 出会えてよかったな、と本当に思う素敵なギターです!

 

しかし、「あいみょん」が一生モノとして選んだギターは、今では手に入れることは難しいです。

 

HISTORY NT301 アコースティックギター

運が良ければ「あいみょん」が使っているHistoryというメーカーの中古なら出回ってる可能性もあるようです。

 

NT-301の音はこんな感じです。

島村楽器の店員さんが弾いていますが、歌はちょっと気にしないでください。

「あいみょん」はインディーズの頃から、同じメーカーのギターをずっと使っています。

 

こちらは「あいみょん」が、愛機HistoryのNT-301を使って路上ライブをしている貴重な動画です。

場所は大阪梅田ヨドバシカメラ前。

「あいみょん」が使ってるギターの値段は?

「あいみょん」が使っているHistoryというメーカーのギターは、値段の安いものからかなり高額なものまであります。

 

残念ながら現在では「あいみょん」がつかっているギターは新品では販売していませんから、どうしても手に入れるなら中古を探すしかないようです。

 

中古ギターを数多く取り扱ってるところで探すのが一番かもしれません。

アコースティックギターなら石橋楽器店!

 

程度にもよると思いますが、現在の中古での相場を見ても、5万から10万くらいとピンきり。

あいみょんのギター 中古の値段の相場

「あいみょん」が使っているギター、NT-301と言う型式のモデルは、現在の中古の相場からみても、新品の値段はそう高くはなかったのかなっと思います。

 

いくら一生モノのギターを買うと言っても、「あいみょん」も当時はお金に余裕があるとは言えない状態だたはずです。

 

しかし、レコーディングをすることを考えると、やっぱりいいしっかり鳴ってくれるギターを選びたですから、20万円くらいになるのかなっと思います。

 

しかし、ギターって値段が高ければ良いってものでもなくて、安い入門セットでもいい音出すギターはありますからね。

「あいみょん」が曲で使ってるコードは簡単?

「あいみょん」が曲でどんなコードを使ってるのか、簡単に見て行こうと思いますが、その前に、ギターを始めた人が、挫折してしまう原因の1つに「バレーコード」を押さえることができないとう事があると思います。

 

「あいみょん」の曲をギターで弾いてみたいけど、コードが難しをそうで心配だと言うかもいるでしょうね。

 

なので、バレーコードを使わない「あいみょん」の曲をご紹介しておきます。

 

あいみょんの「マリーゴールド」という曲のコードが簡単だと思います。

 

まず、ギターの弦のチューニングはしかりと合わせた前提にの話しになりますが、あいみょんのマリーゴールドという曲は、カポと言う物を使って音程を高くしてあげる費用がありあます。

 

カポは2です。

そして、使うコードは【C・C/B・Am ・Em7・F・C/E・G】の7つのコードです。

 

CとC/EやGとG/Bと言う紛らわしいコードがありますが、押さえ方は同じで一番上の弦(6弦)を鳴らすか、鳴らさないかの違いですから、ちゃんと抑えてさえすれば外れた音にはなりませんからご安心を!

 

その他にも「あいみょん」のギターのコードは難しののか調べて見ましたが、簡単なコードが使われてる曲が多いと感じました。

最後に

今回は、「あいみょん」のギターのメーカーや値段などを調べて見ました。

 

また「あいみょん」曲で使ってるコードは簡単なのかという内容にも本当に簡単でしたが、触れてまいりました。

 

やっぱりギターが好きな人にとって、一生モノのギターって憧れます。

 

ただ、ギターの経験が長くなってくると、次第にギターの本数も増えてしましますね。

 

ギターに興味がない人に言わせると、なぜ?何が違うの?っと思われるかもしれませんが、ギターも人間みたいに、顔や性格が違いますから。

っていうのがギターことを理由にしています。

 

「あいみょん」もこれからもっといいギターに出会えるといいですね。

【関連記事】

あいみょん(今夜このまま)歌詞に込めた3つの意味や想いは?世間の感想も

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください