安室奈美恵NHK特番の感想「平成にヒロイン編」引退や再放送の情報も

安室奈美恵NHK特番「告白」

安室奈美恵さんのNHKの特番「告白」を見逃してしまった!とう人もいるのではないでしょうか!

再放送の予定は、今のところ未定のようですが、なんとか見ることができるように情報も載せてきますね!

今回のNHKの特番「告白」は、1時間に渡る安室奈美恵さん直々のインタビューでしたが、デビューから引退までを振り返った内容でした。

内容が濃いだけに数回に分けて、安室奈美恵さんのNHKの特番「告白」の感想を書いて行きます。

今回は、安室奈美恵NHKの特番「告白」の第1章「平成のヒロイン編」についてです。

 安室奈美恵NHK特番 告白第1章「平成のヒロイン編」の内容

安室奈美恵さんは、デビューしてからの24年間いろんな変化の中で、迷ったりして大きく成長をしてきた人であると言っても過言ではなと思いました。

2018年9月16日を持って引退する正式な理由は、明かされていませんが、この記事を読み終える頃には、安室奈美恵が引退する理由が見えてくるでしょう。

安室奈美恵さんが番組の冒頭で引退に際して語ったこと

安室奈美恵さんは、NHKの特番「告白」の冒頭で、辛いことや大変なことがあったけど、いろんな経験をさせてもらった25年間だった・・・

歌手とし素晴らし出会い・経験をさせて貰ったと・・・

あと10ヶ月あるとは言え冒頭で、安室奈美恵さんが語った言葉を聞くとなんだか実感が数倍にもなった気がします。

あ~本当に安室奈美恵さんは引退してしまうんだと・・・

安室奈美恵さん「平成のヒロイン」への道

NHKとはいろんなご縁があった安室奈美恵さんはですが、15歳で受けたPJG(ポップジャムガールズ)オーディションここが「平成のヒロイン」安室奈美恵さんを生み出した原点!

曲は「ミスターU・S・A」

わ~この曲懐かしい!!そんな思いでみていました。そしてなのといっても安室奈美恵さんの若いこと・・・

 

今回の番組には、「青春・結婚・出産・復帰」と4つのキーワードが盛り込まれていますが、このPJG(ポップジャムガールズ)のオーディションは青春に当たる部分だと想います。

安室奈美恵さんポップジャムの司会アシスタント

デビュー当時、安室奈美恵さんは、1993年4月5日放送のNHKの歌番組ポップジャムから司会のアシスタントを努めます。

安室奈美恵さんも当時の映像を見て、「自分で見てもかなりフレッシュさが伝わって来た」と語っていました。

24年も前の自分を見て、とても恥ずかしそうにしていましたが、それは誰でも若い頃の自分をみると、恥ずかしいと思ったりしますからね!

安室奈美恵さん辞めたいと事務所に直訴

安室奈美恵さんを含むスーパーモンキーズについて、「テレビに出るようになっても中々ヒットしない」

 

そんな状態だったので、焦りとなんでだろうと言う疑問を持っていました。

 

そして、安室奈美恵さんはこのように思いました。

 

「自分がセンターでメインボーカルをしていることが原因!」

そう思った安室さんは、事務所にやめさせてくださいとお願いしたそうです。

 

うまくいかないときってそう思いがちかもしれません!しかもまだ15歳くらいの年頃ならポジティブに物事を考える力も備わっていないはずですから・・・

 

そして、ヒットしない悩みを抱える安室奈美恵さんとスーパーモンキーズにとって転機が訪れます。

安室奈美恵さんのブレイクとスーパーモンキーズのメンバー

1995年にリリースした曲「TRY Me」は、初登場からじわじわとヒットしていきます。

 

安室奈美恵さんは、スーパーモンキーズのメンバーと一緒に、毎週ランキングが上がって行く様子を見て「どんどん上がってるね~!うそでしょ~」とスーパーモンキーズのメンバーと騒いだそうです。

 

「努力は実る」安室奈美恵さんはこれから、歌手としての長い道のりが始まったばかりです。

 

安室奈美恵さんが、ヒットしないのは、自分がメインボーカルだからと思っていた不安が一気に解消された瞬間だったはずです。

こうした事実もNHKの特番「告白」が放送されなかったら私達は知ることも出来なかったと思います。

 

そして、これから先まさか自分社会現象「アムラー」や歌姫と呼ばれる時期がやってくることなど思いもしなかったはずです。

小室哲哉さんとの出会い

17歳になっ安室奈美恵さんは、小室哲哉さんからプロディースをうけるようになります。

 

安室奈美恵さんは、小室哲哉さんからのプロディースを受けるにあたって「わ~嬉しい」と思ったそうです。

 

しかしその反面「小室哲哉さんが作った楽曲が、自分が歌うことで、他のアーティストのように、ヒットしなかったらどうしょう」と不安や重圧感があったそうです。

 

小室哲哉さんと言えば、小室ファミリーとしても大活躍中でもあり数々のヒットにも貢献しています。

 

そんな中、自分だけがヒットしなかったら・・・そんな気持ちになるのは仕方のないことでしょうね!

 

ですが!この時!安室奈美恵さん本人は、将来とんでもないヒットを生み出すことを知る余地もなかったわけですよ!

不安を解消するどころか夢に向かって大きく羽ばたく日もそう遠くはなかったわけです。

小室哲哉さんと出会い感じて来たプレッシャーは、安室奈美恵さんの成長に多大な利益をもたらしたはず!

 

安室さんが引退を考えるきっかけとなったのは、こうした数々の重圧やプレッシャーを相談する事ができなかった事が後に語られますが、この時点で、少しラフにやっていれば、後に気づく「自分に足りないことは、歌やダンスを楽しむこと」が出来たのかもしれませんね!

 

安室奈美恵さんは、初めて小室哲哉のイベントに出演させて貰った時は何もリリースしていない状態でした。

 

そのイベントに参加させて貰った時感想を安室奈美恵さんは、「アウェイ感が半端ではなかった」とも話しています。

小室哲哉さんのイベントに参加した時は、とにかく歌詞を間違えないようにしなければ・・・

そう思いながら、ステージの花道を一生懸命走ったそうです。

安室奈美恵さんNHK紅白に初出場

小室哲哉さんとタグを組み順調にヒットを飛ばしてした安室奈美恵さんは、18歳チャート1位を連発いして来ました。

そして1995年12月31日には、念願のNHK紅白に初出場を果たしました。

 

歌った曲は、小室哲哉さんが手がけた「Chase the Chance」

 

その後もDon’t wanna cryは139万枚・You’re my Sunshineは、109万枚・a Walk in the Park 106万枚と、小室哲哉さんと共に、勢いに乗った安室奈美恵さんは、順調に平成のヒロインの道を歩んで行きます。

 

しかし安室奈美恵さんは、デビュー当時は、ダンサーになりたかったんです。安室奈美恵さんは、歌うより踊ることが好きだったそうです。

 

そして、歌ではなくダンスを中心にやりたかったもう1つの理由としては、「センターからのプレッシャーからも逃げたかった」こともある見たいです。

次第に歌いながら踊るセットの楽しさをしる

平成のヒロイン安室奈美恵が起こした社会現象

 小室哲哉さんが、19歳の安室奈美恵さんの今の気持ちを歌にした「Sweet 19 BLUES」をきっかけに、安室奈美恵さんは、平成のヒロインとなり大きな社会現象を生み出します。

「アムラー」の誕生ですよ。

 

アムラーは社会現象となって、ファッション・メイク髪型やブーツを真似する女性が増えました。

この「アムラー」について、安室奈美恵さんは、自分のことじゃないと思っていたそうです。

安室奈美恵さん結婚と出産

1997年10月22日安室奈美恵さんは、結婚します。

 

そして、1997年の大晦日の紅白を最後に、これまでの芸能界にはなかった休業という選択を決断をました。

 

1997年の紅白に出場した時に、1年間の休業を報告した時には、当時結婚式などでは、多くの方知っている「CAN YOU CELEBRATE」歌いあげ1年間のお休みとなりました。

安室奈美恵さんが歌う時は、ダンスが多くとても、妊婦さんにはリスクが多すぎると思います。いくらアーティストと言えど生身の人間です。

休業は、ナイスな選択だと思います。

母親となった安室奈美恵さん1998年紅白復帰

「告白」の番組のなかで、安室奈美恵さんが、涙を流すシーンは産休からの復帰の内容を語るときでした。

 

1年たって母親にあった安室奈美恵さんは、休業宣言をした同じ紅白で復帰いをします。

歌った曲は、「CAN YOU CELEBRATE」

しかし安室奈美恵さんはこんな不安を抱いて痛そうです。

「受け入れられなかったらどうしよう」

 

震え気味で歌う安室奈美恵さんでしたが、会場からはおかえりと言う大勢からの拍手と呼び声が・・・

 

この瞬間、安室奈美恵さんの涙は止まらない そして歌うことが出来なくなりました。

NHKの特番「告白」のなかで映像を見ていた安室奈美恵さんは、もらい泣きをしてしまい涙を流しながら「ティッシュをもらえますか」と・・・

 

安室奈美恵さんは、NHKの特番「告白」で、「自分の映像を見て泣くなんておかしい」といっていました。

受けれ入れられなかったらどうしょうという不安が大きかったで分、大勢に暖かく迎えられて、「戻って来ても良いんだ!」と言う想いが溢れた安室奈美恵さんは、涙が止まらない状態となってしまった

それでも、会場の人たちのために一生懸命「CAN YOU CELEBRATE」と歌い上げていまいしたね!

やはりそこが安室奈美恵さんが持つプロ意識なのかもしれません

 

不安や緊張のあまり、若干声が出ていかったというのが私の感想です。

そして、ステージの階段を降りてくる安室奈美恵さんの歩き方も緊張しているのがわかるほどガクガクしていたようにも思えます。

スーバーモンキーズ時代一緒だったメンバーも安室奈美恵さんが、歌い終わった後に歩み寄るシーンもみられました。

安室奈美恵NHKの特番「告白」の再放送について

残念ながら、安室奈美恵さんが出演した「告白」の再放送の予定はないようです。

ですが、NHKのお願い編集長というリスエストを聞いてれるとこがあります。

そこで安室奈美恵の特番「告白」のお願い投稿をして、要望が多ければ再放送をしてくるかもせれません

NHKのEテレお願い編集長はこちらから

まとめ

今回は、安室奈美恵NHK特番「告白」第1章「平成にヒロイン編」についての感想や引退理由そして再放送日程についてみてきました。

あと、第2章や第3章の話もあるんですが、長くなりそうなので

後日、記事の投稿を追加して行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください