コブクロ・ONE TIMES ONEのMVのロケ地や歌詞の意味は?

コブクロ ONETIMESONE

2018年4月11日にリリースされたコブクロのニューシングル「ONE TIMES ONE」のMVの撮影は、雨の中での撮影となったそうですが、なぜか歓喜の雨だったそうです。

 

「ONE TIMES ONE」という歌詞と雨は、何か関係があるのか?その意味などについても気になります。

 

そして、「ONE TIMES ONE」はMVでは、国内ロケだとあることがわかりますが、一体どこで撮影さらたものなのでしょうか!

 

今回は、コブクロの「ONE TIMES ONE」のMVが雨の中で、撮影された理由と歌詞の意味との関係性について、またロケ地について調査してみたいと思います。

 

コブクロ・ONE TIMES ONEのMVのロケ地はどこ?

コブクロの「ONE TIMES ONE」のMVのロケ地は、東京の江東区周辺で、雨の日に行われたようです。

 

まずは、コブクロの「ONE TIMES ONE」のMVをご覧ください!

コブクロの小渕健太郎さんが、歩いている所がロケ地になった東京都江東区富岡1丁目付近です。

 

今回のコブクロのMVは、主に東京都内でロケが行われたようです。

 

画像を見てみましょう!

コブクロ ONETIMESONE ロケ地

コブクロ ONETIMESONE ロケ地

後ろに見えるのが、赤い建物が深川不動赤門だと思われます。

 

「ONE TIMES ONE」のMVのロケ地を地図で見るとこの場所になります。

さらに、インスタグラムでもコブクロの「ONE TIMES ONE」のMVのロケ地を特定されていた方がいらっしゃいました。

コブクロの「ONE TIMES ONE」のMVでメインとなるこちらのロケ地は、東京駅の前で撮影されたものだと思われます。

コブクロ ONETIMESONE ロケ地3

コブクロ ONETIMESONE ロケ地

雨の中での、撮影なので周りがボケてわかりにくいかもしてませんが、街灯の感じや奥に見える東京駅の建物の様子、間違いなくコブクロの「ONE TIMES ONE」のMVでロケ地になった場所でしょう!

コブクロの「ONE TIMES ONE」歌詞の意味は?

今回の、コブクロの「ONE TIMES ONE」のMVは雨の中で撮影されています。

 

本当なら中止になるだろうと思いますが、「歓喜の雨」だったそうです。

 

なので、「ONE TIMES ONE」の歌詞と、どんな関係があるのかと思いましたので、意味について考察をしてみました。

 

コブクロの「ONE TIMES ONE」の歌詞

 

歌詞の中に、「歓喜の雨 降り注ぐ歌 ONE TIMES ONE」という歌詞があります。

 

なるほど!!

 

そういう事で、今回のMVのロケが雨になって良かったということなんですね!

 

ONE TIMES ONEの意味は、「1つの時代」と訳されると思います。

 

ここからは個人的な考察となります。

 

全体的な歌詞の意味を考察する限りでは、「1つの時代を変えるには、何かを捨てなきゃならない

 

でも、「立ちふさがるものが必ずあるから、そこをどう乗り越えるかは、君次第!

 

といった歌詞の意味ではないかと思います。

 

そして、「チャンスは待っていても来ないから自分で、探そう」という意味が込められた歌詞は、「チャンスの実ぶら下げた 木の下で口を開けて~」の部分が示してるのだと思います。

 

要するに、「経験が、人を大きくするんだよ!」見たいなニュアンスではないかと思いますが、どう思わるかは、実際に曲を聴いて見て感じてくださいね!

コブクロの福岡でのシークレットライブの場所は?

ここからは、おまけなのですが、2018年4月15日の日曜日に、福岡の天神という場所で、コブクロのシークレットライブが行われました。

 

当日は、福岡市天神付近は大パニックになっていたそうです。

 

何と言っても、コブクロがいきなり現れたわけですから・・・

次の日のニュースでは、コブクロの2人が、福岡の待ちをぶらぶらしている様子が写っていました。

で、コブクロのシークレットライブの様子はこんな感じです。

コブクロ シークレットライブ 福岡天神

コブクロが立ってるステージの後ろに見えるのが、福岡市役所です。

 

普段この場所は、福岡市役所前広場として、一般の方が子供連れで遊んだりしている場所でもあります。

 

日曜日には、近くのデパートなどからお弁当やパンなどを、買ってきてランチを楽しんだりしている人も多いです。

 

地図でみるとこの場所が、コブクロがシークレットライブを行った場所になります。

春から夏にかけていろんなイベントもありますから、福岡ではオススメのスポットの1つです。

 

周辺には、大手デパートもたくさんあります。

まとめ

今回は、コブクロの新曲「ONE TIMES ONE」のMVのロケ地などから見てきました。

 

そして、「ONE TIMES ONE」の歌詞の意味などについては、私の個人的な解釈で、見てきました。

 

ロケ地については、東京の江東区富岡1丁目付近と東京駅の前で雨の日に撮影された事がわかりました。

 

また、雨の日にも関わらず撮影時に、「歓喜の雨」と言われたいた理由は、歌詞をみると、そういうことか!という事がわかりました。

 

そして、最後に4月15日に行われたコブクロのシークレットライブの会場になった場所について、おまけとしてご紹介しました。

 

4月20日に、ミュージックステーション(Mステ)に出演されるとのことなので、歌詞など、よく聞かれて見て下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください