丸山晴茂が死去!抱えた3つの病気と病名や食道静脈瘤破裂とは?

3人組ロックバンド!サニーデイ・サービスのドラマーの丸山晴茂さんが、5月に食道静脈瘤破裂のために、死去されてたことがわかりました。

 

丸山晴茂さんは、以前から病気とは聞いていましたが、3つの病名がうわさされていました。

 

そして、今回丸山晴茂さんが、死去された原因「食道静脈瘤破裂」とは一体どのような病気なのでしょうか?

早速見て行きたいと思います。

 

丸山晴茂が死去!抱えた3つの病気と病名とは?

サニーデイ・サービスのドラマー、丸山晴茂さんは、2016年2月から体調不良のために、バンドからは離れていたそうです。

 

丸山晴茂さんが亡くなるまで、体調不良の理由や原因については公表されていませんでした。

世間では、丸山晴茂さんの病気に対して、3つの病名が噂されていました。

 

1つ目の病名は、アルコール依存症で、丸山晴茂さんはかなり頑張っていたそうです。

 

曽我部恵のコメントにはこう書かれています。

 

彼はもう何年も自分の抱えるアルコールの問題を克服しようと戦っていました。
2015年の夏を最後に、いっしょに音は出していませんでしたが、ぼくたちは彼が戻ってくるのを待っていました。

 

2つ目の病名は、うつ病!

 

こちらはネット上での噂のようですが、アルコール依存症を克服するために、服用していた薬の副作用で多少の影響があったのかもしれません!

 

そいて、3つ目の病名は、「総合失調症」

この総合失調症という病気は、100人に1人くらいの割合でかかってると言われています。

 

どんな病気かと言うと、慢性的に、脳と神経系に障害がでる病気だといわれています。

 

この、「総合失調症」と言う病名についても、ネット上での噂レベルですので、性格なところは不明です。

丸山晴茂さんが、死去された原因の食道静脈瘤破裂とは?

今回、丸山晴茂さんが、死去された原因「食道静脈瘤破裂」とは、どのような病気なのでしょうか?

 

食道静脈瘤破裂とは、主に肝硬変による門脈圧亢進症が、原因になることが多いようです。

 

医師の話だと以下の症状がでるようです。

 

本来食道静脈へ流れるはずのない血液が、食道静脈へ流れ込み、静脈が拡張することでできる瘤のことです。食道静脈瘤そのものに症状はありませんが、放置することで破裂や出血を引き起こし、死に至る可能性もあります。

 

まず、肝硬変になる原因と言われているのが、丸山晴茂さんの1つ目の病気「アルコール依存症」がもっとも関係が深いようです。

 

また、食道静脈瘤破裂で、亡くなる方の割合は、10%くらいだそうです。

 

そこまで、亡くなる確率が高くないのに丸山晴茂さんは、どうして・・・

まとめ

今回は、ロックバンドのサニーデイ・サービス!ドラマーの丸山晴茂が死去されたといことで、丸山さんが、抱えた3つの病気の病名などから見てきました。

また、丸山晴茂さんが死去された原因となった食道静脈瘤破裂とは?一体どの様な病気なのかみてきました。

 

今回の内容をまとめます。

 

  • 丸山晴茂さんは、3つの病気があったと言われているが、そのうちの2つの病名は、ネット上での噂レベルだと思われるが、鬱については、アルコール依存症の薬の影響でがあるのかもしれない

 

  • 丸山晴茂さんの病気は、メンバーの曽我部恵さんのコメントで、アルコール依存症と戦っていた

 

  • 丸山晴茂さんが、死去された「食道静脈瘤破裂」と言う病気は主に肝硬変が原因となって起こる病気だが、死に至る確率は10%くらいだと言われてる

 

以上が今回のまとめとなります。

 

個人的にサニーデイ・サービスは、幻想的な曲が多いな~と思って聞いていました。

 

1995年のデビューということで、息の長いバンドでしたので、ファンの方も今回の丸山晴茂さんがお亡くなりになった事を聞かれて残念だと思います。

 

丸山晴茂さんのご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください