渡瀬マキ・声がでない病気で引退?機能性発声障害とは!原因や治療は

渡瀬マキ

ロックバンドLINDBERGのボーカル渡瀬マキさんが、作年から原因不明の体調不良で、悩まされていて、「声がでない」病気かかっていた事がわかりました。

 

渡瀬マキさんの病気の症状は、しだいに酷くなって、喋ろうとしても声が出ないようになるまで悪化していたそうです!

 

渡瀬マキさんは、病院で、「機能性発声障害」と診断されたどうですが、バンドのボーカリストとしては、致命的な病気だといえますし、このまま引退をされてしまうのでしょうか?

 

今回は、LINDBERGのボーカル・渡瀬マキさんの病気「機能性発声障害」とは、どんな病気で、原因は何なのか見て行きたいと思います。

 

渡瀬マキ・声がでない病気で引退?

LINDBERGと渡瀬マキさん!渡瀬マキさんと言えばLINDBERGというくらい若い頃は、大変勇気をもたった記憶があります。

 

そして車の中で、よく聞いていました。

 

そんなLINDBERGのボーカルの渡瀬マキさんが、作年から体調が悪い日が続きご自身も「声がでない」と言った症状が出ていて、病気が悪化ているのに気がついていたそうです。

 

渡瀬マキさんの病気と言えば、1999年に子宮頸がんのレベル2と診断された事がありました。

 

その時は、手術をされて問題なしと、医者からは言われていたそうですが、今回の「声がでない」病気は、癌が再発したのでは!!と思われた方も多かったのではないでしょうか!

 

また、声が出ないとなれば、渡瀬マキさんは引退の可能性もあるのではと・・・

 

診断の結果、渡瀬マキさんの「声が出ない」病気の原因は、「機能性発声障害」だと診断され、がんの再発ではなかったようです。

 

しかし渡瀬マキさんが診断された「機能性発声障害」とはどんな病気なのでしょうか!

渡瀬マキさんの病気!機能性発声障害とは!

渡瀬マキさんが、診断された病気!「機能性発声障害」とは、声帯には異常がないのに、声がでない・声が出づらいくなる病気だそうです。

 

そして、この「機能性発声障害」と言う病気!プロのボーカルのほとんどが、発症してるとも言われています。

 

渡瀬マキさんが、「声がでない」と言う病気になって引退などの心配されているようですので、一般の意見も見てみましょう。

[char no=7 char=”30代女性”]を出す職業の人がが出ないのは尚更本当にかなり不安とストレスだと思う。早く良くなりますように。[/char] [char no=4 char=”50代男性”]マキちゃん大丈夫!? 私にとって中学の頃はハマったバンドだったな~☆歌が好きでした[/char] [char no=1 char=”30代男性”]機能性発声障害を発表「出ない状態が…」 僕は物凄く心配だから焦らずに治して復帰して欲しいです。[/char] [char no=7 char=”30代女性”]マキちゃんのメッセージに涙が出た。 うん。焦らず。 マキちゃんらしく、いられるといいね。[/char]

LINDBERGのファンは、渡瀬マキさんのこの度の病気事を心配されている方が多いですね!

 

LINDBERGは、来年デビュー30周年を迎えるしデビュー当時からずっときいていて、時には、元気をもたった方もたくさんいることでしょう。

私もその中の1人で、LINDBERGや渡瀬マキさんの歌声をよく聞いていましたから、心配しました。

 

「機能性発声障害」にある原因としては、音楽アーティストが使用する近代システムが、原因の1つとしてあるようです。

渡瀬マキさんの原因や治療は

渡瀬マキさんや多くのアーティストが、発症していると言われる「機能性発声障害」という病気の原因は、「イヤモニ」と呼ばれているライブで使用する機材に問題があるようです。

 

イヤモニとは、イヤーモニターの略でライブなどで、アーティスト達が耳にイヤホンをはめているのを見たことはありませんか?

 

ライブのステージ上では、バンド全体の音が聞こえづらく音程などもわかりにくいために、演奏しにくいし歌いづらいです。

 

なので、イヤホンを返して、自分の声や他の楽器の音がバランスよく聴こえることで、歌いやすくなる画期的なシステムです。

 

しかし、この「イヤモニ」は、人間の脳に大きな影響を与えている事が、分かったそうです。

 

渡瀬マキさんは、長年ライブで、ずっとこの「イヤモニ」と付けて歌ってきまいした。

 

渡瀬マキさんが、「機能性発声障害」という病気を、発症してもおかしくないわけです。

 

「イヤモニ」が人に与える影響は、人が音を聞き分ける2つの音にあるようです。

「骨導音」と「気導音」

人間は、音を聞き分ける気には、骨から伝わって来る「骨導音」と空気を伝わって聴こえる「気導音」があるそうです。

 

人が声をだすときは、この両方の音を聞いているので、イヤモニを使用してると、「骨導音」が聴こえにくくなります。

 

その結果、脳が混乱を起こしその影響が、神経伝達にも影響を与えているから、「機能性発声障害」という病気に、なるのではと考えられています。

 

渡瀬マキさんが、掛かった病気「機能性発声障害」の治療方法は、喉や声帯を休める事です。

 

また、精神的なストレスなどは、よくありませんので、生活環境を整えることが大事です。

まとめ

今回は、LINDBERGのボーカル!渡瀬マキさんが、声がでない病気で引退してしまうのではないか!と言う内容から入りました。

 

また、渡瀬マキさんが、発症した「機能性発声障害」とは、どのような病気で、原因や治療はあるのか!という点について、見て参りました。

渡瀬マキさんには、いつまでも歌って欲しいし、LINDBERGの曲を聴くと若い頃を思い出せてくれます。

しっかと「機能性発声障害」と言う病気を直して、また元気がでる歌声を聴かせて欲しいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください