マサ斎藤が死去!死因はパーキンソン病という病気で発症する原因は?

マサ斎藤

プロレス会のレジェンド!マサ斎藤さんが2018年7月14日未明に、75歳で死去されました。

 

マサ斎藤さんは、パーキンソン病という病気と戦っていました。

 

パーキンソン病と言う病気は死因につながるのでしょうか?

 

また、マサ斎藤さんが、パーキンソン病という病気を発症した原因とは、一体何だったのでしょうか?

今回は、マサ斎藤さんとパーキンソン病とはどんな病気なのか見てきたいと思います。

 

マサ斎藤が死去!死因はパーキンソン病という病気?

マサ斎藤さんが、死去された事は、妻の倫子さんがコメントされました。

 

マサ斎藤 訃報のの画像

 

2000年にパーキンソン病という病気を発症した、マサ斎藤さんは、17年間も闘病生活を送られてきたそうです。

 

そんな大変だった闘病生活にもかかわらず、マサ斎藤さんは、当たって砕けろ!を意味する「Go For Broke!」という言葉をモットーに頑張ってきました。

 

そして、2020年の東京オリンピックの聖火ランナーになることを目標にして一生懸命リハビリを行ってきたそうです。

 

マサ斎藤さんが、発症したパーキンソン病という病気は、死因になるような病気なのでしょうか?

 

また、パーキンソン病を発症する原因とは・・・

パーキンソン病が発症する原因は?

マサ斎藤さんが、戦い続けたパーキンソン病と言う病気!

 

日本では、1000人に1人くらいがかかると考えられていて、2017年のデーターによると、全国に約16万人の患者さんがいるそうです。

 

パーキンソン病が発症する原因は、脳内で作られれるドーパミンと言われる神経伝達物質が減少して起こる病気だそうです。

 

ドーパミンの役目とは

 

生体内で合成されるアドレナリン・ノルアドレナリンの前駆物質。チロシンからドーパを経て生成される。それ自体で中枢神経伝達物質としても働く。

 

パーキンソン病の最も厄介な点は、進行性の難病であること!

 

難病と言われるだけあって、根本的な発症の原因を解決することはできないそうですが、症状を和らげる対処療法という方法が用いられています。

 

パーキンソン病は、研究が進められていて、将来は治る病気になるかもしれません!

 

遺伝が関係する家族性パーキンソン病と脳の細胞内でおこる異常の関係を調べる研究結果から、パーキンソン病の主体である90%を占める孤発性パーキンソン病の原因や発症メカニズムの解明も、あと一歩のところまで来ている

 

マサ斎藤さんと同じように、パーキンソン病を発症して、現在も戦ってる患者さんは一日も早く全容解明されることを期待してるはずです。

 

最後に、マサ斎藤さんがパーキンソン病と戦いながら必死でリングに立った姿を御覧ください!

まとめ

今回は、マサ斎藤が死去された、死因はパーキンソン病という病気だったようですが、発症する原因はなんなのか見てきました。

 

内容をまとめます。

 

  • マサ斎藤さんは、2000年にパーキンソン病を発症され、約17年間も闘病生活をされていた!

 

  • マサ斎藤さんは、パーキンソン病にかかっても、リングに立つ、2020年の東京オリンピックで聖火ランナーを務める夢と持ち一生懸命リハビリを行っていた!

 

  • パーキンソン病とは、脳内で作られれるドーパミンと言われる神経伝達物質が減少して起こる病気!

 

  • パーキンソン病は将来は、治る病気になるかもしれない!

 

以上が今回のまとめとなります。

 

マサ斎藤さんは、プロレスファンにとってはまさにレジェンド!

 

私は、小学生の頃にテレビの試合で見ていた記憶しかありませんが、アントニオ猪木さんと戦っていたのを思い出します!

 

マサ斎藤のご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください