大坂なおみ・日本語話せないけどインタビューの仕草がかわいい!動画も

大坂なおみ

女性テニス選手の大坂なおみさんは、日本語が話せないけど、インタビューで一生懸命日本語で答えようとする姿が、とてもかわいいと話題になっていますね。

 

大坂なおみさんって、名前は日本人だけど日本語が話せないのは、アメリカでの生活が長いからだと思いますが。

 

今回は、女子テニス選手の大坂なおみさんが日本語が話せない時の、かわいい動画などのを中心にお届けしていこうと思います。

 

大坂なおみさんはなぜ、日本語話せない?

大坂なおみさん!

日本人の名前なのに、日本語が話せないのは生い立ちに関係があるようです。

 

大坂なおみさんは、1997年10月16日に日本の大阪市に生まれました。

 

お父さんは、ハイチ系アメリカ人でお母さんは日本人ですが、なおみさんは大阪で生まれなになぜか、住民票の住所は北海道です。

 

北海道には、大坂なおみさんのお母さんのお父さん。

つまり、大坂なおみさんのお祖父さんが根室で漁業組合長をしていて、なんらかの事情で北海道に住民票をおくことになったのでしょう。

 

大坂なおみさんには、現在もプロテニスで活躍をされているお姉さん(大坂まり)がいます。

 

お姉さんの影響をうけ、3歳の頃からテニスを始め、2001年にアメリカへ移住するとになりました。

 

この時、大坂なおみさんは4歳

それからは、ニューヨークで小学校に通い、フロリダで中学と高校にかよいました。

 

なので、大坂なおみさんは日本語の勉強は殆どしていないのです。

 

インタビューで、日本語で答えようとしているのは、4歳くらいまでの日本後の記憶からだと思います。

 

大坂なおみさんは、テニス試合後のインタビューや会見で、母国の言葉で答えられるようになろうと、日本語の勉強をしているそうです。

大坂なおみさんが、一生懸命日本語でインタビューに答える仕草がかわいい動画

大坂なおみさんが、テニスの試合のあとのインタビューに、日本語で答えようとしている姿が、一生懸命でかわいいと話題になっています。

 

何がかわいいかって言うと、話せないとわかっていないながら一生懸命日本語を話そうとしてるし、デメだっと思ったらすぐに英語に切り替えるようなところでしょうね。

 

大坂なおみさんが日本語でインタビューに答える動画をご用意しました。

 

こちらは、2年前の大坂なおみさんのインタビュー動画です。オリンピックを目指しているから、代表になるなら日本語くらいは話せないと行けないと言っています。

 

そして、「やりたくないことやってる暇はねぇ」って日本語で話していますよ。

「ヤリタクナイコトヤッテルヒマハネェ」って感じでちょっと違和感はありますけど。

 

それから、2年立ちました。

大坂なおみさんが、全米オープンテニス2018の準々決勝直後に、インタビューに答えた時の動画です。

 

かなり日本語が上手になってるような気もしますが、インタビューしている人が松岡修造さんだからでしょうか?

東京オリンピックまであと2年あります。

 

その時には、もう「大坂なおみは日本語が話せない」なんて言われていなでしょうね。

結局、大坂なおみの国籍ってどこ?

大坂なおみさんは、インタビューの中でもオリンピックを目指していると言っていましたが、国籍ってどこなのでしょうか?

 

大坂なおみさんは、今のところは二重国籍です。

アメリカでは、多重国籍は認められているそうですが、日本では一時的だけのようです。

 

国籍を選択する期限というものが、日本の法律にはあります。

3.国籍の選択をすべき期限

・国籍の選択をすべき期限は,重国籍となった時期により異なりますが,その期限は次のとおりです。
 
 

(1)昭和60年1月1日以後に重国籍となった日本国民

ア 20歳に達する以前に重国籍となった場合→22歳に達するまで
イ 20歳に達した後に重国籍となった場合→重国籍となった時から2年以内
※ なお,昭和60年1月1日以後に重国籍となった方が,上記期限までに国籍の選択をしなかったときには,法務大臣から国籍選択の催告を受け,場合によっては日本の国籍を失うことがあります。
 
引用元:法務省ホームページより
 
 
大坂なおみさんは、現在20歳なので、あと2年の間にアメリカ国籍を選ぶか、日本国籍を選ぶ事になるでしょう。
 
 
東京オリンピックを目指してるなら、日本国籍でしょうけどね。

最後に

今回は、女子テニス選手、大坂なおみさんが日本語話せない理由などから見てまいりました。

 

また、インタビューの仕草がかわいいという事で、動画など見てまいりました。

 

大坂なおみさんの日本語は、2年前と比べると上達してるようにも思えます。

東京オリンピックまで、あと2年ありますから、「やりたくないことやってる暇はねぇ」を覚えたくらいの調子でやってけると、きっと話せるようになると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください