全米オープンテニス女子シングルス決勝で、大坂なおみ選手がセリーナ・ウィリアムズ選手を破りました。

 

セリーナ・ウィリアムズは、試合中にコーチから助言を受け、審判から警告を受けました。

 

その後、セリーナ・ウィリアムズ選手は納得が行かず、ラケットを折ったり、審判に暴言を吐いたりしたそうですが、その時の画像が気になります。

 

今回は、セリーナ・ウィリアムズ選手が、大坂なおみ選手との決勝の試合で、コーチに助言を貰って、警告受け講義をしている様子の画像などを見て行こうと思います。

スポンサーリンク
 

セリーナ・ウィリアムズ選手審判へ講義した時の動画

まずは、セリーナ・ウィリアムズ選手がコーチから助言を貰ったとして、1回目の警告を受けて審判に抗議をしてる動画です。

 

セリーナ・ウィリアムズ選手が、審判に対して「ズルをしてかつんだったたら、負けたほうがまし」と言ってるようです。

 

 

この動画は、非常に近距離で撮影されてるのですが、関係者の方からの投稿なのでしょうか?

 

 

セリーナ・ウィリアムズ選手は、相当怒っていますね~

 

怒りのあまり、何だか泣きそうな感じがします。

 

なぜ、セリーナ・ウィリアムズ選手はコーチから助言を受けたらいけなかったのでしょうか。

セリーナ・ウィリアムズ選手1度目の警告、コーチからの助言を受けたから?

セリーナ・ウィリアムズ選手が、試合中にコーチから助言を受け、警告をされたことで猛抗議をしていますが、テニスのルール上なにがいけないのでしょうか?

 

 

こう言った全米オープンテニスのルールでは、試合中のコーチングは駄目のようですね。

 

だから、試合中はコートの外には誰も座ってわけです。

 

しかし、客席から見ていたコーチがセリーナ・ウィリアムズ選手に対して「ネットのもっと行くように」と言ったことがコーチングに値するってことで警告を受けたようです。

セリーナ・ウィリアムズ選手2度目の警告はラケットを破壊したから?

セリーナ・ウィリアムズ選手は、1度目に受けたコーチングに対しての警告に納得が行かずイライラしていたのでしょう。

なんと、ラケット叩きつけてしまいました。

スポンサーリンク

 

その時の画像がこちらですが、セリーナ・ウィリアムズ選手はこの時点で、冷静さを失っているようにも思えます。

セリーナ・ウィリアムズ 警告後の画像

この行為が、2度目の警告を受ける事になってしまいます。

 

そして、ラケットはこんになってしまいました。

セリーナ・ウィリアムズ 警告後の画像

ジョン・マッケンロー選手みたいだと言ってる人もいるようですが、セリーナ・ウィリアムズ選手もこのラケットを叩きつける行為は、まずかったのではないかと思います。

 

なんと言っても、ラケットにはウィルソンというメーカーさんの名前がバッチリ入ってるし・・・

 

メーカーの人は、自分の会社のラケットを意図的に壊される場面をみて、あまりいい気分はしないと思いますよ。

 

この、ラケットを叩きつけた行為に対して、セリーナ・ウィリアムズ選手は2度目の警告を受けてしまいました。

セリーナ・ウィリアムズ選手3度目の警告

ラケットを叩きつけたことで、2度の警告を受けたセリーナ・ウィリアムズ選手は、そのあと審判に対して暴言を履いてしまったものだから、3回目の警告を受けてしまいます。

 

セリーナ・ウィリアムズ選手が審判に向って言った内容です。

 

「私は今までの人生で、一度たりともズルをしたことなんてない。娘がいて、その子のために正しいことをするの。私は悪いことはしてない、だから謝りなさい。そして、もう私の試合の審判はしないで」

引用元:https://www.huffingtonpost.jp

 

この暴言が、3回目の警告を受けることになって、大坂なおみ選手に1ゲームが加算されました。

 

つまり、セリーナ・ウィリアムズ選手は、第8ゲームを戦わずに負けが決定。

 

全米オープンテニスという大舞台での決勝で、このペナルティーは痛い・・・

 

テニスのルールでは、警告は2回までのようで、3回目の警告を受けると、その回のゲームは負けとなってしまうのでしょうか?

最後に

今回は、全米オープンテニス女子のセリーナ・ウィリアムズ選手が、審判へ受けて講義をしている動画などお届けしてまいりました。

 

また、セリーナ・ウィリアムズ選手が警告を受けるまでの、流れについてもご紹介したきました。

 

警告を受けた内容をもいちどおさらいしておきます。

 

セリーナ・ウィリアムズ選手の1回目の警告は、コーチングによるもの

2回目の警告は、ラケットを叩きつけて破壊した行為によるもの。

3回目の警告は審判に向って暴言を履いたこと。

そして、第8ゲームを失ってしまった。

 

セリーナ・ウィリアムズ選手が、大坂なおみ選手に負けてしまった1番の要因は、冷静さに関係があるのではないかと思いました。

 

大坂なおみ選手も以前は、うまく行かないと冷静になれなかった時期もあったようです。

でも、メディアなどではメンタルが強くなったと言われていますし、今回の勝利の要因はそこにあると思います。

スポンサーリンク