さくらももこ・乳がんでご逝去の報?今後のちびまるこちゃんはどうなる?

ちびまる子ちゃん

ちびまる子ちゃんの作者の「さくらももこ」さんが、乳がんの為、ご逝去されました。

 

さくらももこさんが、なくなられた事で、今後のちびまる子ちゃんの継続などが気になります。

 

もしかして、最終回を迎えるなんてことはないと想いますが・・・

 

今回は、さくらももこさんのお悔やみを申し上げると共に、今後のちびまる子ちゃんはどなっていくのか見てきたいと想います。

 

さくらももこさんが、乳がんでご逝去の報

ちびまる子ちゃんの作者、さくらももこさんが、乳がんでご逝去されたのは、2018年8月15日のことです。

 

さくらももこさんが、ご逝去されたことが、報じられたなは、それからだいぶ日にちが経過した27日のこと。

今後のちびまるこちゃんはどうなる?

さくらももこさんが、お亡くなりになったことで今後のちびまる子ちゃんは、どうなってしまうのか気になるところです。

 

ご安心ください!

 

ちびまる子ちゃんは、今まで一緒にやってきたスタッフやキャストのみなさんが、しっかりと受け継いで行くとのことです。

 

アニメ『ちびまる子ちゃん』は番組開始から早29年経ちます。中には番組開始当初からご一緒させて頂いているスタッフ・キャストもおります。日々の制作の中で笑ったり、泣いたり、とても楽しく取り組んで来られたのは、さくら先生が見守って下さっていたからだと思います。これからも私達スタッフ・キャスト一同で、さくら先生が天国で見守って下さることを感じながら、面白い『ちびまる子ちゃん』を制作していきたいと思います。」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

 

ちびまる子ちゃんが、始まってから29年も経っていたいたとは・・・

 

私も子供のころから良く見ていた番組でしたし、ちびまる子ちゃんと主に大人になったと言っても良いくらいです。

 

スタッフの皆さんやキャストのみなさんが、これからもさくらももこさんの意志をついで、ちびまる子ちゃんは継続されるということを聞いて安心しました。

 

ちびまる子ちゃんは、さざえさんとならんで、日曜の夕方の顔ですし、昭和時代を感じさせてくれる番組ですから、やっぱり継続してもらいたいです。

 

特に見なくても良いのです。

 

ただ、ちびまる子ちゃんが放送されてる時に、キャラクターの声が聞こえてくるだけでも、日曜の夕方を感じる事ができました。

 

翌日から、学校や仕事が始めるから、症候群と言った言葉がありますが、それもれ日本ならではだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください