現在アメリカのメジャーリーグチームロサンゼルス・エンゼルスで活躍中の、大谷翔平投手ですが、まずその身長の高さですが、193cmもあって、日本人の野球選手でも比較的大きいと思います。

大谷翔平選手の身長っていつ頃から伸びているのでしょうか!

今回は、小学校時代の大谷翔平投手の身長や一般的に伸びている学年や推移なども比較して見ました。

では早速参りましょう。

スポンサーリンク
 

大谷翔平投手が小学校時代の身長は?

大谷翔平投手の現在の身長は、193cmいつ頃からこんなに大きく鳴ったのか気になります。

今の時代の日本人の野球選手は、比較的みなさん身長が高いです。

 

こちらの画像には、野球選手の身長や体重が、載っていますが、190cmと越えている選手って結構多いのですね~

 

大谷翔平投手 身長と他の選手との比較

大谷翔平投手は、小学校時代から大きかったそうですが、小学校6年生のの時は、すでに167cmあったとも事で、ランドセルなど背負っている姿が、すごいことになっていたのだろうと思います。

一般的な小学校時代に伸びてる学年は?

一般的に、小学校時代に伸びている学年は、1年生~4年生だと言われています。

 

そして、身長が伸びてる間は、急激な成長に骨がついていけずに、成長痛などの症状が起きやすようです。

 

小学校時代に身長が一気に伸びている人もいるようでうすが、ほとんどの場合が、中学校に入る13歳頃から身長が伸びてると方もおおいようです。

スポンサーリンク

大谷翔平投手の身長の伸び方の推移や比較!

一般的に、高校生までに身長はある程度伸びてしまうものですが、大谷翔平投手の場合は、普通とはちょっと違うようですね。

 

大谷翔平投手の身長の伸び方の推移を一般男性と比較していみました。

大谷翔平投手が小学校6年生の頃には、すでに167cmもあり高校生の頃には、すでに180cmとなっていました。

そして現在は、193cm!

 

小学校の男子の6年間の身長の推移位は、1年生で、平均が130cmで、4年生くらいで、140cmくらいなので、推移的には、年に3cmくらいでしょうか!

身長が伸びてるのは、まずこの4年間です。

 

5年生くらいからの推移は、少し伸び方が遅くなり、中学校に入ると一気の伸び始めるというのが、一般的なようです。

 

大谷翔平投手の小学校時代から高校生時代からの身長の伸び方の推移は、13cm!

 

高校生から現在までの身長の伸び方の推移をみると、18cm

 

小学校6年生から現在までの大谷翔平投手の身長の伸びた高さは、23cmともなっています

 

しかも大谷翔平投手の身長は、今でもさらに伸びてるという噂もあったります。

まとめ

今回は、現在アメリカのメジャーリーグでご活躍中の大谷翔平投手の身長があまりにも高いと思ったことから小学校時代の身長はなどを見てまいりました。

 

そして、大谷翔平投手と、一般的に伸びてる学年と推移や比較をしてきました。

 

大谷翔平投手って牛乳を1日に何本も飲んでいたのでしょうか?

 

小学校の時にあまり一気に身長が伸びていると、骨がついてこれないで、よく成長痛をおこしやすし、あの痛さは半端じゃないですので、さぞ大変だったろうな~って思います。

 

今も、大谷翔平投手の身長は伸びていると言われて言いますので、200cmを超える時が来るのかもしれませんね・・・

スポンサーリンク