小柳ルミ子・いつからサッカーにわかで嫌いと言われるようになった?

小柳ルミ子

歌手の小柳ルミ子さんが、サッカーについてコメントされた事がきっかけで、嫌いという声が殺到しています。

理由は、小柳ルミ子さんがサッカーな何がわかるのか!という声のようです。

 

小柳ルミ子さんが、いつからサッカーファンになったのかわかりませんが、巷では、わかではないかとも噂されています。

 

今回は、小柳ルミ子さんが、サッカーにわかで嫌いと言う世間の声やいつからサッカーファンだったのか!

また、本当にサッカーにファンなのか?について見て行きたいと思います。

 

小柳ルミ子さんが嫌いと言う声が殺到?

小柳ルミ子さんが、嫌いと言われている理由は、いろいろとあるようですが、どうやらサッカーに関係するコメントをしたことが始まり見たいです。

 

小柳ルミ子さんは、2018年5月27日に行われた欧州チャンピオンリーグ決勝をテレビ中継で、副音声で解説者として呼ばれていました。

 

リヴァプールのGKロリス・カリウス選手がミスをしてしまった事に対しこんな発言をしました。

 

「私だったらあんなミスしないよ」

「何でもっと手を伸ばさないの!?」

「ちょっとこの、カリウスってダメでしょ」

「説教しとくわ」

 

などと、言ってしまったもんですから、世間から大ブーイング!

 

その時の小柳ルミ子さんが嫌いだという世間の意見がこちら!

 

 

 

さらに、小柳ルミ子さんは、あのクリスティアーノ・ロナウド選手に対しても「人として好きじゃない」とか人間性がともなわない人は、尊敬できない!仕事ぶりを見ればわかるでしょ!」

などと・・・

 

その時の世間の反応は?

 

 

 

小柳ルミ子さんは、本当にサッカーが好きならWクラスのサッカープレイヤーに対して苦言を言っては行けないしスポーツって小柳さんだけのものじゃないと思います。

 

副音声だったとは言え聞いてる人は、かなり不愉快だったのではないでしょうか・・・

 

小柳ルミ子さんって本当に、サッカーファンなのでしょうか?

小柳ルミ子さんはサッカーにわか?

小柳ルミ子さんが、世界最高峰のサッカープレイヤーに対して、苦言を言ってると、本当にサッカーファンかな?と疑いたくなります。

 

小柳ルミ子さんって、もしかしたらにわか?と言う声もあります。

 

 

 

とこんな感じで、小柳ルミ子さんは、根っからのサッカーファンではないとの言われよう!

 

ここで、一つ疑問が・・・

 

「にわか」ってどういう意味?当方のために少々解説を!

にわかとは!

にわかとは、急とかいきなりと言った意味があります。

 

つまり小柳ルミ子さんが、サッカーにわかと言われてるのは、急にサッカーファンになった!という意味です。

 

では、小柳ルミ子さんは最近サッカーファンになったばかりで、私はサッカーに詳しいと、言わんばかりにWクラスの選手に対して苦言をいっていたのでしょうか?

小柳ルミ子さんはいつからサッカーファンだった?

小柳ルミ子さんは、空いているときは、サッカー観戦ばかりされているそうです。

 

小柳ルミ子さんのサッカー観戦はなんと!年間2000試合も見ているそうです。

 

いくら2000試合見たからと言って、ここ最近だけだろうと・・・

 

しかし、小柳ルミ子さんがいつからサッカーファンだったのか調べてみると意外と長い事がわかりました。

 

小柳ルミ子さんは、2017年に「浦和レッズ対ドルトムント」の生中継の試合で、初めて副音声に挑戦されました。

 

その当時、小柳ルミ子さんは、12年間もサッカー観戦記を付けていたとのことです。

 

なので、2018年現在小柳ルミ子さんは、13年のサッカーファン歴だということになります。

 

小柳ルミ子さんが、13年間もサッカーファンであることは、にわかではないということかもしれません!

 

しかし、実際にサッカーのプレイをされた事があるのかはわかりませし、ボール蹴って自分の思ったところに飛ばす事が、どれだけ難しいのか知ってるかはわかりません!

まとめ

今回は、小柳ルミ子さんが、いつからサッカーにわかで、嫌いと言われるようになったのか?と言う内容で見てきました。

 

今回の内容をまとめます。

 

  • 小柳ルミ子さんは、サッカー解説の副音声で、世界最高峰の選手に対して、苦言を発していた事が原因で、嫌いと言われるようになった。

 

  • 小柳ルミ子さんは、サッカーファン歴が約13年と言うことで、にわかではないと思われる

 

  • にわかとは、「急に」「いきなり」と言った意味があり小柳ルミ子さんが、サッカーにわかと言われているのは、急にサッカーファンになったと、言う意味だった!

 

以上の事が今回のまとめとなります。

 

小柳ルミ子さんがサッカーを年間2000試合も見ているとは知りませんしたし、約13年間もファンだったこともはいじめて知りました。

 

しかし、サッカーは小柳ルミ子さん1人も物じゃないと思います。

 

副音声とは言え、解説をされるなら選手の事も視聴者の事も考えた内容にされると、嫌いと言われなかったのかもしれませんね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください