火垂るの墓・見たくない人続出?理由やトラウマシーンの意見まとめ!

火垂るの墓

戦争をテーマに描かれたアニメ映画「火垂るの墓」!8月になると、放送されることが多いです。

「火垂るの墓」は、著者の野坂昭如さんが自身の体験を題材にされた、作品ですが、テレビで放送される度に、「火垂るの墓」は見たくない!といった人が続出してるようです。

また、「火垂るの墓 」を見たくない理由としては、トラウマになるシーンが、あるようです。

今回は、「火垂るの墓」を見たくない理由とトラウマシーンについて世間の皆さんはどのように感じてるのか!意見をまとめて見ました。

早速、見て行きましょう!

「火垂るの墓」見たくない理由は!

「火垂るの墓」が、放送される度に見たくない!と思ってる方も多いようです。

見たくない理由は、人それぞれあるようですので、どんな理由なのかまずは世間な意見を見てみましょう

 

 

 

 

 

「火垂るの墓」を見たくない理由に、怖いを言う意見がありますが、戦争と言うものがいかに人に恐怖を植えつけてしまい、やっていは行けないことだと、著者の野坂昭如さんの思いが伝わってる証拠だと思います。

 

そしてもう1つ、「火垂るの墓」を見たくない理由としては、かわいそう過ぎるということもあるようです。

 

小学校の頃から、何度も「火垂るの墓」を見てきましたが、個人的に見たくないとは思いませんが、見終わった後にいつも悲しい気持ちのなります。

主人公の清大が、妹の節子を必死に守り生き抜こうとしてるところを見ると、自分が当事者だったたらこんな事でいるのだろうか?

そして、自分の眼の前で、4歳の小さな妹の亡くなった姿を見たらどうなるのだろうと、考えたりします。

「火垂るの墓」を見たくない理由としては、兄弟の姿を見て、かわいそうと思う気持ちになることがあるようですね!

 

そして、「火垂るの墓」を見たくないもう1つの理由としては、トラウマにるシーンが、あるようです。

「火垂るの墓」トラウマになるシーンは!

「火垂るの墓」を見るとトラウマになるから見たくないと言うシーンは、皆さんどのように感じてるでしょうか!

 

 

 

 

「火垂るの墓」を見ると、トラウマになってしまう理由に、お母さんが火傷を負って、全身包帯だらけになっているシーンが一番多いようです。

 

皆さんの意見が、多かったトラウマになると言われるシーンの画像を用意しまいたが、閲覧注意で、お願いします。

 

「火垂るの墓」のトラウマシーン!

 

確かに、このシーンは、私も子供の頃に初めて見た時はかなり衝撃的だった印象があります。

 

当時は、戦争は人をここまで傷つけてします事もよくわかっていなかったのだろうと思います。

 

また、人が全身包帯だらけになる姿など見たこともなかったし、透明人間くらいした知りませんでしたから・・・

まとめ

今回は、アニメ映画「火垂るの墓」を、見たくない人続出していることで、その理由などやトラウマシーンが、あるとのことでしたので、世間の方の意見などをまとめてきました。

 

「火垂るの墓」を見たくない理由は、かわいそうだと思うからだと言う意見が多いようです。

 

また、トラウマシーンについては、やはりお母さんが火傷を負って包帯姿に、なってりるシーンのようでした。

 

しかし、実際に戦争ではあった事です。

 

この様なことは、二度と繰り返さないように!と、著者の野坂昭如さんの想いが詰まった作品それが、「火垂るの墓」なのだと想います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください